次世代iPad Proが「よりiPhoneに近い」デザインになるたった1つの理由

2022年のiPadラインナップについての、経済紙記者マーク・ガーマン氏による最新の報告を、Apple専門の米メディア『MacRumors』が共有しています。


*Category:テクノロジー technology|*Source:MacRumors ,igeeksbench

次世代iPad Proはガラス背面採用、その理由は?

igeeksbenchによるiPad Pro予測CG(2021年モデル)

ガーマン氏によれば、2022年ではiPad、iPad Air、iPad Proに新たなモデルが登場するとのこと。iPad Proについては「デザインが変更される」という主張を繰り返しています。

以前の情報によれば、ガーマン氏はiPad Proのデザイン変更について「ガラスの背面が採用される」としており、iPhoneに近いデザインになることが予想されます。


ガーマン氏は、iPad Proがワイヤレス充電に対応することも示唆しており、デザイン変更はこれに関連するものでしょう。従来のアルミ筐体ではワイヤレス充電に対応することができないため、代わりにガラス背面を採用することは理にかなっています。

エントリーモデルのiPadについては今年、iPad Air 3と同様の筐体に薄型デザインを採用し、ディスプレイが大型化するのではないかと言われていました。今年のモデルでは変更はありませんでしたが、2022年のiPadにこのデザインが採用される可能性は十分にありそうです。

iPad Airについては以前、2022年にサムスン製有機ELディスプレイを搭載するという噂がありました。しかし、『MacRumors』によれば、この計画はキャンセルされたとのこと。次期iPad Airも引き続き液晶ディスプレイを搭載することになるでしょう。


iPad Airについては他に噂はほとんどありませんが、少なくとも2021年の新型iPad miniと同等以上のスペックになることは期待できそうです。新型iPad miniは、A15 Bionicチップを搭載し、5G通信にも対応するなど、現行のiPad Airを上回る性能となっています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!