iPhone 14 Proの「だ円形パンチホールカメラ」採用がもたらす意外なメリット



» 第4世代iPhone SEはノッチ採用で「側面Touch ID」搭載のウワサ。登場時期は?




2022年に登場する見込みのiPhone 14 Proと、iPhone 13モデルを比較する予測CG画像が公開されました。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:@dylandkt ,@RendersbyIan

iPhone 14 Proは楕円形パンチホールを採用でFace IDは埋め込みに


@dylandkt氏は先日、iPhone 14 Proのディスプレイに関するリークで、ノッチが廃止されパンチホール型のインカメラが搭載されることを改めて確認しました。

iPhone 14のプロモデルに搭載されるパンチホールカメラに関する情報を裏付けることができました。Face IDのハードウェアはディスプレイの下に配置されます。なお、この変更によるセンサーの機能性への影響はありませんのでご安心ください。

このツイートでのCGデザイナーのイアン・ゼルボ氏とのやり取りの中で、@dylandkt氏は「iPhone 14 Proでは丸薬(楕円)型のパンチホールカメラを搭載する」と示唆しました。

iPhone 13 ProとiPhone 14 Proを比較する予測CGが登場

この@dylandkt氏からの情報を元に、イアン氏がiPhone 14 Proの予測CGを作成し、公開しています。

最新のiPhone 14 Pro💊の噂のモックアップです。どのように感じるかはわかりませんが…ステータスバーをチェックすると驚きがあります!

画像では、ノッチとパンチホールの違いを比較しやすいよう、iPhone 13 ProとiPhone 14 ProのCGが並べられています。

また、ツイートの中でも指摘されている通り、iPhone 14 Proのステータスバーには小さな変更点が見られます。


拡大してみると、バッテリー残量の横にパーセンテージの表示が復活していることがわかります。これは、ノッチがなくなりスペースが広がることによる意外なメリットです。

パーセンテージ表示はiPhone X以降のノッチ搭載モデルではサポートされておらず、復活が望まれていました。しかし、ノッチの横幅が小型化したiPhone 13シリーズでもパーセンテージ表示は復活しませんでした。

ノッチの廃止とパンチホールカメラ搭載は、通常モデルとProモデルの差別化の役割を果たすことになりそうです。実際にパーセンテージ表示が復活するかは分かりませんが、使える画面が増えることは着実な進化と言えるでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!