次世代iPhoneの「ロック画面を強化する」4つの機能コンセプト



» テスラ モデル3とApple M1で仮想通貨をマイニングする天才あらわる!彼が夢見る壮大な計画とは?




iPhoneのロック画面に搭載してほしい新機能を、Apple専門の海外メディア「9to5Mac」のパーカー・オルトラニ氏がコンセプト画像付きで解説しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:

AppleがiPhoneのロック画面に搭載するべき4つの機能


iPhoneのロック画面は、これまで何度もデザインが変更されてきましたが、大きな変更が加えられたことはありません。オルトラニ氏はこのロック画面に着目し、実用性の高い新機能を提案しています。

時計の再設計


ロック画面の上部にある時計は、Appleが2015年のiOS 9でフォントを変えて以来、デザインがほぼ変わっていません。

ここでは2つのデザインが提案されています。1つは極めてシンプルな新しいアナログ時計で、通知の上に浮かび上がり、壁紙に合わせて色が変わるというもの。もう1つは、フォントなどを変えたモダンなデジタル時計です。

ショートカットのカスタマイズ


Appleはユーザーの自由なカスタマイズを好まないため、ロック画面にサードパーティ製アプリのショートカットを作成できるようにすることは無いでしょう。しかし、カメラとライトのショートカットを、他のコントロールセンターのショートカットと交換できるようにすることは可能なはずです。

また、ロック画面に表示されるショートカットが2つではなく、4つになればより便利です。

アクティブなウィジェット


iPhoneのホーム画面に表示されるウィジェットはとても便利な機能ですが、ロック画面でも活用できるはずです。通知でアクティブなアラートを表示するウィジェットがあったらどうでしょう。

例えば天気予報アプリで、雨が降りそうだという通知を1時間ごとの予報ウィジェットに切り替えたり、カレンダーからの通知を操作することで、その日に予定されている他の会議を確認できたら便利そうです。

常時表示モード


iOSに不足している機能として、常時表示モードがあります。一部のAndroidデバイスには以前から搭載されていましたが、これは最新のiPhoneでも採用可能なはず。可変リフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載しているおかげで、電力消費も少なく済むはずです。

iPhoneの常時表示ディスプレイには、時刻や日付、バッテリー、ネットワークインジケータ、ロック状態が表示されれば十分です。通知機能を追加することもできそうですが、バッテリーの消耗が激しくなるかもしれません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!