Apple Watch Series 7の「充電できないバグ」修正はいつ?



» なぜAppleは「iPod touch」を終わらせるのか?




多くのユーザーを悩ませた「Apple Watch Series 7」の充電バグ問題ですが、ようやく修正のめどがたったようです。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors(1) ,(2)

Apple Watch Series 7の充電バグ問題を修正するwatchOS 8.4が近々提供


Apple Watch Series 7はwatchOS 8.3へのアップデート移行、サードパーティ製の充電器で充電できないバグが多く発生していました。また、充電器が正常に動作しているように見えても、数分後には充電が止まっている、という症状も報告されています。

テック系メディア「MacRumors」によれば、問題のバグの多くは安価なサードパーティ製充電器で起きていたものの、一部ではBelkinなどの高価格帯の充電器でも症状が発生していたとのこと。

また、Appleが提供する純正充電器での充電でも問題が生じているユーザーや、充電速度が非常に遅かったり、充電中にApple Watchのバッテリーが消耗したりしているユーザーも少なからずいたようです。


充電の問題はwatchOS8.3になってから多くなりました。10分で2%前後充電されるという、とんでもないことになっています。Watch Series 7専用の新しい超低速充電か何かでしょうか?(MacRumorsのフォーラムより)

幸いなことに、この問題は近々修正される見込みです。Appleが発表したwatchOS 8.4アップデートのリリースノートでは、一部のApple Watch充電器が動作しない原因となるバグを修正する、とされています。

Appleはすでにリリース候補版を公開しています。リリース候補版は、一般向けに提供されるソフトウェアの完成版を意味しているため、早ければ来週にもwatchOS 8.4がリリースされることになりそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!