そりゃないよAppleさん!「iPhone 14」は新プロセッサなし、SEと同じA15チップを引き続き搭載の噂



» Appleが最上位マシン「Mac Studio」発表で放った驚愕の一言




著名アナリストのミンチー・クオ氏が、次世代の「iPhone 14」シリーズに関して、新たな情報を明らかにしています。

*Category:テクノロジー technology, iPhone 14, Apple|*Source:@mingchikuo ,MacRumors ,Renders By Ian

「iPhone 14」はチップの更新なし、A15を引き続き搭載と著名アナリストが指摘


クオ氏(@mingchikuo)はTwitterへの投稿で、次世代のiPhone 14シリーズの下位モデルは新チップ「A16 Bionic」を搭載しないと指摘しています。

2つのProモデルのみがA16プロセッサにアップグレードされ、14&14 MaxはA15のままとなる。4つの新しいモデルはすべて6GB RAMを搭載し、LPDDR 5 (14 Pro & 14 Pro Max) vs. LPDDR 4X (14 & 14 Max)という違いがあるようです。

クオ氏は以前、Appleの「iPhone 14」シリーズではminiモデルが廃止され、代わりに大型モデルのProなし「iPhone 14 Max」が追加されることを示唆していました。

今回のツイートによれば、「iPhone 14 Pro」及び「14 Pro Max」は予想通り新チップ「A16 Bionic」を搭載するものの、「iPhone 14」及び「14 Max」は前モデルに引き続き「A15 Bionic」を搭載するとのこと。A15は先日発表された新型「iPhone SE」にも搭載されているプロセッサです。


同氏はまた、「iPhone 14」シリーズの全モデルが6GBメモリ(RAM)を搭載し、下位モデルはLPDDR 4Xメモリ、Proモデルはより高速なLPDDR 5メモリを搭載する可能性が高いと付け加えています。

現在、「iPhone 13」シリーズは全てLPDDR 4Xメモリを採用しており、下位モデルは4GBメモリ(RAM)、Proは6GBメモリを搭載しています。「iPhone 14 Pro」モデルでは、LPDDR 5メモリの採用により、メモリの速度は最大1.5倍高速化し、最大30%電力効率が向上するとのこと。


この投稿を取り上げたテック系メディア「MacRumors」は別のアナリスト、Jeff Pu氏の「Proモデルには8GBメモリが搭載される」という意見とは異なると指摘。ただし、これまでの実績を見る限り、クオ氏の予測のほうが信憑性があると付け加えています。

Appleは毎年iPhoneのプロセッサを更新することが恒例となっていましたが、残念ながら今年は変わらないようです。とはいえ、最近のAppleシリコンの進化には目覚ましく、通常使いでは「A15 Bionic」でも十分なのかもしれません。また、Proモデルにしか搭載されない「A16 Bionic」がどんな性能になるのかも楽しみなところです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!