それだけはやめてAppleさん。新型「MacBook Air」はM2搭載なしの噂



» 【戦争とApple】発表イベントに仕込まれた「隠しメッセージ」にあなたは気づきましたか?




Appleイベントで未発表だった新型「MacBook Air」「MacBook Air」について、独自の情報筋から得たリークをテック系メディア「9to5Mac」が共有しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac(1), (2), Renders By Ian

新型「MacBook Air」「MacBook Pro」は「M1チップのアップデート版」搭載で2022年登場の噂


「9to5Mac」の報告によると、新型「MacBook Air」と「MacBook Pro」は、2022年内のAppleイベントで登場するようです。

コードネームJ413と呼ばれている「MacBook Air」は、次世代チップ「M2」を搭載するとのこと。M2チップはA15チップをベースに設計されており、M1と同じ8コアのCPUを搭載しながら、より強力な10コアのGPUを搭載するとされています。

しかし、これとは異なる意見もあります。Apple関連のリーク実績が豊富な著名アナリストのミンチー・クオ氏は、新型「MacBook Air」は依然としてM1チップを搭載し、M2チップは2022年内には登場しないと示唆しています。

ただし「9to5Mac」によると、同氏はAppleが新型「MacBook Air」に搭載するのは「M1チップのアップデート版」であると主張しているようです。つまり、今回リークされているのはM2チップではなく、M1チップのアップデート版として位置づけられるものかもしれません。

新型「MacBook Air」では、大幅なデザイン変更が行われると以前から噂されており、これについてはクオ氏も同意見のようです。著名リーカーのジョン・プロッサー氏は以前、リークを基にした予測CGを公開しています。


予測CGでは、ノッチの搭載や白ベゼルの採用、フラットなデザインへの変更などが見受けられます。また、新型「MacBook Air」は、24インチiMacのようにカラーバリエーションが豊富になるとのことです。


これらの情報を整理すると、M2チップを搭載するかは不明なものの、デザインが変更された新型「MacBook Air」が少なくとも2022年内に登場することは確実視されているようです。

「9to5Mac」によれば、13インチ「MacBook Pro」はコードネームJ493と呼ばれており、こちらもM2チップ(アップデート版M1)を搭載しているとのこと。なお、新モデルでもデザインが変更されることはないと見られています。


ただし、このモデルについてもクオ氏は疑問視しているようです。同氏は自身のTwitterで「Appleが、時代遅れのデザインの製品をアップグレードすることに興味を持つだろうか」と指摘しています。

Appleが13インチMacBook Proのアップデート版をリリースすることを期待する人もいます。私は、Appleが時代遅れのフォームファクターデザインの製品をアップグレードすることに興味があるのだろうかと疑問に思っています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!