新型「MacBook Air」はM2搭載&ノッチ採用で2022年登場、15インチモデルが来年登場の噂



» スティーブ・ジョブズの「壮大な失敗」からAppleが22年かけて学んだこと




Appleが準備中とされている新型「MacBook Air」ですが、15インチモデルの開発も進んでいるようです。最近では新モデルについて、様々なリークや噂が飛び交っています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:@mingchikuo ,9to5Mac ,RendersByIan

15インチ「MacBook Air」が開発中、2023年に登場の噂


今週初め、ディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏の新しいレポートでは、Appleが来年リリースに向け、15インチの新型「MacBook Air」の開発に取り組んでいることが示されました。

著名アナリストのミンチー・クオ氏はこれについて、この新しいMacBookは2023年後半にリリースされるものの、「Air」モデルではない可能性があると主張。同氏のツイートによれば、このモデルは「すべてが計画通りに進めば」23年内のリリースとなるとのことです。

2023年のAppleの15インチノートブックの可能性を予測。

1.計画通りに進めば、4Q23に量産。
2.ディスプレイが大きくなると一般的に消費電力が大きくなりますが、MacBook Airと同じ30Wの電源アダプターを使用することをデザイン上の目標としています。
3.MacBook Airという名称は付かないかもしれません。


なお前述のヤング氏は、Appleがディスプレイサイズをわずかに大きくしたエントリーモデルの「MacBook Air」と、さらに大画面のモデルの2つを導入する予定であると述べています。

テック系メディア「9to5Mac」もまた、独自の情報源から「Appleが2023年に向け、少なくとも2種類のMacBook Airを開発していると聞いた」と報告しています。ただし「M2」チップ搭載の2022年「MacBook Air」は、1つのサイズのみが登場するとのことです。

この2022年「MacBook Air」については、カラーバリエーションが増加、デザインが大きく変更され「白ベゼル&ノッチ付き」のモデルになると、著名リーカーのジョン・プロッサー氏が予測しています。


なお、同メディアの同じ情報源によれば、Appleが13インチ「MacBook Pro」から「Pro」の名称を削除することを検討しているそうです。こちらも2022年内に、M2チップを搭載して登場するとされています。

Appleシリコン導入と並行して徐々に変わりつつあるMacシリーズですが、今後もまだまだ変革は続くようです。なお同社は先日、「Mac mini」と「Mac Pro」の中間となるような新モデル「Mac Studio」を発表しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!