Mac Studioは「プロにはまだ早い」分解修理の専門家が指摘した問題点とは?



» 「iPhone 14 Proの設計図」とされるデータが流出。ノッチ・カメラの出っ張り・厚みなどの変化は?




Appleの「Mac Studio」の分解レビューを、Apple製品の分解に詳しい修理会社「iFixit」が公開しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:iFixit ,MacRumors

iFixitによる「Mac Studio」分解レビュー。ストレージ増設は不可能、掃除はできる?

底面の黒いゴムを剥がすと、ネジが露出します。このゴムは着脱可能なものではなく、接着されているようです。


底面のネジを外すと、円盤状の基盤の裏側が現れます。円盤の表側は電源関連のパーツで、黒いテープで覆われているようです。


ストレージ部分にアクセスするには、さらにフレームの部分を取り外す必要があります。


絶縁テープをとり、ネジを外すと、ようやくストレージを外すことができました。


基盤には、予備のスロットもあることが確認されました。


しかし「iFixit」はストレージの増設を様々な方法で試したものの、Appleのソフトウェアブロックに阻まれたようです。

このスティックを別のベースモデルのMac Studioの空きスロットに挿入してみましたが、ConfiguratorはDFUリストアエラーを出し続けました。どんな構成でも、1台のマシンで2つのベースモデルドライブを同時に起動させることはできません。

同じ容量のストレージの交換については成功した方法もあったようですが、ストレージの増設は今のところ難しいようです。

こちらは「Mac Studio」に搭載されたロジックボードの部分。当然ながら、メモリ(RAM)はM1 Max/Ultraと一体化しているため、増設はできません。


分解レビューを通して「iFixit」は、「Mac Studio」の内部の埃などを、数年ごとに掃除するのは大変な作業になりそうだ、とコメントしています。

「iFixit」は「Mac Studio」の修理可能性については「6/10」と評価。ストレージが交換できない点や掃除の難しい空冷ファンなどを挙げ「Mac Studioはminiの後継機としてはふさわしい製品ではあるものの、プロが使うにはまだ早い」と指摘しました。


Mac Studioは、Mac Mini以上Mac Pro未満、感動と落胆が同居する製品です。Mac Studioは、Mac Mini以上でありながら、Mac Proには遠く及ばない、そんな存在です。

また、「iFixit」は「Studio Display」の内部も軽く調査し、「iMacとまったく同じように見える」とコメント。これを取り上げた「MacRumors」は、「Studio DisplayのウェブカメラはiPhone 11のカメラに似ている」と指摘しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!