iPhoneからイヤホンジャックが消えた3つの理由



» Appleのスマートスピーカーが売れなかった理由とは?新型「HomePod」の噂も




Appleは2016年に発売された「iPhone 7」で、初めてイヤホンジャックを廃止しました。

これについては今でも賛否両論ですが、Appleがこの変更を決めたことには3つの理由があります。これについて、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained,wikipedia

iPhoneからイヤホンジャックが無くなった理由とは?

Appleは、2016年に発売した「iPhone 7」からイヤホンジャックを廃止しました。これは、スマホにはイヤホンジャックが存在して当然と考えていたユーザーにとっては、衝撃的な出来事でした。

しかし、Appleがイヤホンジャックを廃止した理由にはその先に予定されていた端末のデザイン変更が大きく関係しています。


iPhoneの競合であるAndroidでは、ディスプレイが大きい機種に人気が集まっていました。しかし、画面下部にはセンサー類が多く、ディスプレイをさらに広げる事に各メーカーは苦労していたのです。


Appleは、iPhoneがAndroidに人気で勝つためには、画面下部のスペースを狭くしディスプレイを大きくする必要があると考えました。


そこで、Appleのエンジニアが考えた方法は、有機ELパネルの柔軟性を活かし、センサー等を裏側に折り込むという方法でした。そうすると、画面下部までスペースを確保でき、大画面ディスプレイを搭載する事ができます。


ただし、ディスプレイを広げた事によってイヤホンジャックを収納する場所が無くなりました。つまり、大画面ディスプレイと引き換えにイヤホンジャックは廃止となったのです。ただし、この技術は「iPhone 8」ではなく、「iPhone X」から採用される事になりました。




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!