iPhone 14 Proは「7年ぶりのカメラ大幅強化」リークを基にした予測CGが登場



» なぜジョブズはティム・クックを次のApple CEOに選んだのか?




2022年に登場する見込みの「iPhone 14 Pro」について、テック系YouTubeチャンネル「ZONEofTECH」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,@mingchikuo

「iPhone 14 Pro」はノッチ廃止、0.2mm厚みが増加


「ZONEofTECH」は、以前リークされた「iPhnoe 14 Pro」の設計図とされる画像を元に、「iPhone 14 Pro」の正確な予測CGを公開しました。

Max Weinbach氏が共有した画像によれば、このモデルには2〜3のデザイン変更が行われるようです。このリークでは、iPhone 14 ProとPro Maxの詳細なサイズも示されています。

「ZONEofTECH」は、0.2mmの厚み増加について「恐らくバッテリーの増加分だろう」と指摘。高さについては、Proモデルのみ0.76mm増加しています。これは恐らく後述のディスプレイの変化と関係するものです。


その他、Pro Maxモデルでは0.52mm幅が短くなっていることを取り上げています。

地味ながらも大きな変化となるのが、カメラの厚みです。設計図によれば、ProモデルとPro Maxモデルの両方で、3.5mmから4.17mmへと大きく増加します。


このデータを元に作成された予測CGがこちら。こうしてみると、カメラの厚みが目立つことが分かります。


同チャンネルはiPhone 14の予測CGも公開。こちらはリークを基にしたものではないようですが、カメラがやや厚めになっていることが確認できます。


ディスプレイ面に関しては、iPhone 14はノッチを継続するのに対し、iPhone 14 Proは円形とだ円形の2つのパンチホールを搭載しています。


なお、このカメラの厚みの増加には、iPhone 14 Proのカメラ強化と関係しています。「ZONEofTECH」はこれについて、「iPhone 14 Proでは、過去7年間で最大のカメラ・アップグレードが行われる」と話しています。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!