新型iMacはM2搭載なし! まさかのM3モデルが登場の噂



» なぜAppleは「iPod touch 8」を発売しないのか?




Appleの次世代チップセット「M3」を搭載したiMacがすでに開発されていると、経済紙記者のマーク・ガーマン氏が新たなレポートで述べています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,zelbo.nyc

AppleがM3チップ搭載iMacを開発中、来年末に登場との予測


ガーマン氏は以前のレポートで、AppleはM2プロセッサを搭載したいくつかのコンピュータの開発に取り組んでいると述べていました。

まず、標準の「M2」チップは、新型MacBook Air、MacBook Proのエントリーモデル、新型Mac miniに搭載されるとのこと。

中でも新型MacBook Airは、デザインの大幅なリニューアルが期待されているものです。著名リーカーのジョン・プロッサー氏によれば、このモデルはiMacのようなカラフルなラインナップになり、白いベゼルを採用するとのこと。


他にもガーマン氏によれば、新しい14インチと16インチMacBook Pro用に搭載される「M2 Pro」チップ及び「M2 max」チップ、 Mac Pro用のデュアル「M2 Ultra」チップが開発されているそうです。

同氏は、Appleが今後数ヶ月の間にいくつかの新しいMacのリリースを計画している可能性があると述べており、M2チップは早ければ6月にも登場する可能性があると指摘。なお、テック系メディア「9to5Mac」は、これらのM2搭載Macが開発されていることは独自の情報源から確認したと述べています。

さらに、ガーマン氏の最新のレポートによれば、「M3」チップを搭載したiMacはすでに開発されているとのこと。興味深いことに、AppleはM2 iMacをスキップし、先にM3 iMacを登場させるようです。


なお現在のところ、iMacは24インチモデルのみが存在しています。「9to5Mac」は、Appleはより大きなiMacを導入する計画がないため、将来的にM3プロセッサを搭載するのはこのバージョンになるだろうと予測しました。

このプロセッサについての詳細はまだ明らかではありませんが、これが正しければ「M3」チップは思ったよりも早く登場することとなりそうです。ただし同氏は「早くても来年末までは発売されないだろう」とも注意しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!