「iPhone 14 Pro」は待つべき?デザイン変化&カメラ強化のリーク情報や「iPhone 15」の噂まとめ



» なぜジョニー・アイブはAppleを辞めた?ジョブズ死去とクックCEO就任で変わったこと




Appleの「iPhone 14」シリーズの発売は、あと4ヶ月ちょっとまで迫っています。この新シリーズと来年の「iPhone 15」のリーク情報について、海外YouTubeチャンネル「Max Tech」がまとめて解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Max Tech ,Apple

「iPhone 14 Pro」は何が進化するのか?




次期iPhoneである「iPhone 14」シリーズで特に注目すべきはProモデルです。「iPhone 14 Pro」は、「iPhone 13 Pro」よりも大きなカメラバンプがあり、ディスプレイにはデュアルパンチホールカメラがあるとリークされています。


「iPhone 14 Pro」には、フラットなデザインが採用されると噂されていましたが、3月22日のマックス・ワインバック氏のリークによってその可能性は否定されました。彼が公開した「iPhone 14 Pro」の設計図とされる画像には、大きなカメラバンプがあり、2つのパンチホールカメラも記載されています。


ポイントの1つは、超薄型のスピーカーです。このスピーカーは「iPhone 13 Pro」の3倍も薄いそうです。


残念な点もあります。それは「iPhone 14」もUSB-Cに対応せず、Lightningポートを搭載し続けているという点です。


「iPhone 14 Pro」はパンチホールカメラを採用しているため、ノッチ付きのモデルよりも没入感が高まっています。


著名リーカーのミンチー・クオ氏は「iPhone 14 Pro」は、オートフォーカスを備えたフロントカメラを搭載する可能性が高いと述べています。「iPhone 13」のフロントカメラはF値2.2の固定焦点で、レンズは動きません。つまり、今までは近すぎると写真がボケてしまっていました。

しかし、新しいiPhoneはオートフォーカスに対応し、F値が1.9と低いため、より多くの光をセンサーに取り込むことができるようになります。また、ポートレートの自撮り写真でも、より多くのぼかしが入れることができるでしょう。

カメラの性能が上がることによって、ソフトウェアがあなたの顔の周囲にぼかしをかけることも容易になります。さらに、オートフォーカスのおかげで、FaceTimeビデオや通話、ライブストリーミングのフォーカス効果も高まります。例えば、FaceTime中に背景のぼかし効果をオンにすると、より簡単に、より正確に背景をぼかすことができます。


iPadには、被写体を自動で追いかけるセンターステージに対応した12MPのウルトラワイドカメラが搭載されています。このカメラがiPhoneにも搭載されるとも考えられていましたが、その可能性は低いようです。


「iPhone 14 Pro」のダミーモデルもリークされています。14シリーズは「14」「14 Pro」「14 Max」「14 Pro Max」が出るといわれています。

公開されたモックを見ると、今までのレンズと比べて非常に大きくなっています。ミンチー・クオ氏は以前、2022年のiPhoneは8K動画を撮影できる48MPのメインカメラを初搭載すると発言していました。


カメラが大きくなっているのはこのためです。中国のSNS「Weibo」でも同様のリークがあり、センサーはSONY製であり、カメラバンプが巨大化し、8Kで動画撮影ができるとされています。

では、さらに来年でる見込みの「iPhone 15」はどのようなモデルになるのでしょうか?


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!