初代iPhoneはダイヤルボタン搭載になるはずだった?プロトタイプをApple元エンジニアが公開



» 今回は見逃せない!Pixel 6aやPixel Watchがまもなく登場、タブレットになるNest Hubの噂も#GoogleIO




2007年に発表された初代iPhoneは、マルチタッチ操作という革新的な特徴で人気を博しました。Appleは開発中に複数のプロトタイプを密かに開発しており、その中の1つをAppleの元エンジニアが公開しています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac , TechCrunch

初代iPhoneは「iPodにダイヤルパッドを付けただけ」になるかもしれなかった


プロトタイプは、2000年代にAppleで主にiPodの開発を担当していたトニー・ファデル氏によって明らかにされたものです。テック系メディア「MacRumors」によれば、同氏は最近新著「Build」を発表したこともあり、Appleや他のテック企業で働いていた頃の詳細を語っています。

AppleはiPhoneを作る前、Motorolaと提携し「ROKR E1」にiTunesを搭載したことがありました。しかしこれが失敗に終わり、スティーブ・ジョブズをはじめとするAppleの開発者陣は、自分たちでスマートフォンを開発しなければならないと確信したのです。

ところが2007年以前、AppleにはiPod以外の携帯端末はありませんでした。そのため当初は、iPodがiPhoneのコンセプトのベースとなっていました。

iPodの中に携帯電話を入れるだけでいいのではと模索するうち、完成したのが「クリックホイールとダイヤルボタンを切り替えられる」奇妙なプロトタイプです。


ファデル氏によると、このプロトタイプは「iPod Phone」開発の初期にサードパーティーのメーカーが作ったものだったそう。ユーザーはiPodの下半分を切り替えることで携帯電話として使うことができ、カメラも内蔵されており、色も初代iPhoneに選ばれたものとかなり似ていました。

興味深いことに、全く新しいデバイスではなく、電話機能付きのiPodを作るように強く勧めたのは、スティーブ・ジョブズだったとファデル氏は話しています。iPodのクリックホイールが象徴的になっていたため、ジョブズはAppleのスマートフォンにもクリックホイールを搭載すべきだと考えたのです。


ジョブズは、物事に対して非常に明確な見解を持っていました。あるいは、それがうまく機能しないことが明らかになるまで。iPod Plus Phoneを成功させるために、彼は私たちをとても厳しく指導してくれました。

私たちは、クリックホイールを使った入力方法を何週間も何週間も考え続けました。チーム全体が無理だと確信した後も、彼は「がんばれ!」と言い続けました。しかしある時点で、全員が「いや、うまくいかない」と言ったんです。

彼は当初は良いアイデアだと信じていたものの、クリックホイール付きの携帯電話の使用感は良くなかったと認めています。そしてAppleのエンジニアとデザイナーは、このプロジェクトを完全に見直し、最終的にタッチ操作を主軸にした「iPhone」にたどり着きました。

もしもどこかの時点でジョブズやAppleのエンジニアが妥協していれば、現在のiPhoneやスマートフォンという文化は存在しなかったのかもしれません。今のiPhoneはジョブズだけではなく、Appleのエンジニア達の試行錯誤の末に生まれたものだったのです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!