「iPhone 14」通常モデルとProモデルの違い


9月に登場する見込みの「iPhone 14」シリーズですが、通常モデルとProモデルの差は大きくなると予測されています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,@aaple_lab

「iPhone 14」通常モデルとProモデルは大きく差別化されるとの噂


Appleは売れ行きの不振を受け、2022の「iPhone 14」シリーズではminiモデルのラインナップを廃止する見込みです。代わりに今後、Appleはより大きなサイズのiPhoneに注力すると予想されています。

テック系メディア「MacRumors」によれば、2022年の通常モデルのラインナップには、6.1インチの「iPhone 14」に加え、6.7インチの「iPhone 14 Max」モデルが登場するとのこと。これにより、画面サイズに関しては、Proモデルとの差は無くなったことになります。


しかし、Appleはそれ意外の部分で、通常モデルとProモデルの差別化を大きくすることを試みているようです。

【1】「iPhone 14 Pro」モデルのみ新チップ搭載&ノッチ廃止

噂によると、「iPhone 14」の通常モデルは、「iPhone 13」シリーズで導入されたA15チップを引き続き使用し、Proモデルのみに新チップ「A16」が搭載されるとのこと。Proモデルと通常モデルでチップが異なるのは初のケースで、Appleは供給の問題やコスト削減のためにこの差別化を選んだとされています。

また「iPhone 14」のProモデルではノッチが廃止され、パンチホールを採用すると噂されていますが、通常モデルはノッチを引き続き採用するようです。Maxモデルの画面大型化以外では「iPhone 13」と同様の外観となる見込みです。

【2】「iPhone 14」Proモデルのカメラは48MPに


カメラに関しては、Proモデルは史上初の48MPカメラを搭載するとされています。通常モデルにはこのアップグレードは来ないようですが、超広角カメラ及びインカメラは、全モデル共通で強化されるようです。

ただし、カメラユニットが大きくなるため「iPhone 13」用に設計されたケースは「iPhone 14」には合わない可能性が高いとテック系メディア「MacRumors」は指摘しています。


他にも、以前には「iPhone 14」シリーズの全モデルに最大120HzのProMotionディスプレイが搭載されるとの噂もありましたが、現在ではこれは実現しないとの見方が有力です。

【3】「iPhone 14」通常モデルとProモデルの新カラー

「MacRumors」が取り上げた噂によれば、iPhone 14とiPhone 14 Proの両モデルには新カラーとしてパープルが登場するとのこと。「iPhone 14」と「14 Max」はブラック、ホワイト、ブルー、レッド、パープルの5色、「iPhone 14 Pro」と「14 Pro Max」はグラファイト、ゴールド、シルバー、パープルの5色になると言われています。

新型コロナウイルスの影響による生産の遅れも指摘されていますが、著名アナリストのミンチー・クオ氏は、Appleはスケジュール通りに進めようとしているとのこと。例年どおりであれば、Appleは9月の第1週か第2週の火曜日に「iPhone 14」シリーズを発表するはずです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!