「MacBook Air」「AR/VRヘッドセット」登場の前触れ。6月開催WWDC22は新製品ラッシュ!


6月に開催されるAppleの開発者イベント「WWDC22」で発表される可能性のある新製品について、経済紙記者のマーク・ガーマン氏が新たなレポートを公開しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors(1) , (2) ,Zelbo.nyc

「AR/VRヘッドセット」「MacBook Air」などがWWDC22で発表の噂


AppleがWWDCで発表するハードウェアとして期待されているものの1つがAR/VRヘッドセットです。このヘッドセット上で動作すると考えられるOS「realityOS」の兆候がソースコード上でも発見されており、最近ではWWDCのメイン基調講演からわずか2日後の2022年6月8日を期限とする「realityOS」の商標も発見されています。

こうした噂はあるものの、ガーマン氏はWWDCでアップルのヘッドセットが発表されることについては慎重な姿勢を見せています。

同氏は以前、少なくともM1 Proと同程度のチップ搭載による発熱の問題や、カメラやソフトウェアの課題など、多くの開発上の問題を受け、ヘッドセットの発売が2023年まで延期される可能性が高いと報告していました。

ガーマン氏は、WWDCではMac関連の発表が行われる可能性が高いと指摘。中でも新型「MacBook Air」を発表する予定のようだと示唆しています。同氏はその証拠として「Appleの社員が次世代MacBook Airをアプリで使うことが増えている」という開発者からの噂を取り上げました。

この新型「MacBook Air」は大幅なデザイン変更が噂されているモデルです。著名リーカーのジョン・プロッサー氏はリークを基にした予測CGを公開。このCGでは、白ベゼルとノッチを搭載していることが分かります。


ポートにはMagSafeポートが復活し、Thunderbolt/USB-Cポートを搭載。ガーマン氏によれば、このモデルにはM2チップが搭載されているとのことです。


さらに同氏は以前「Mac mini」「MacBook Pro」などを含む「複数のMacが登場する可能性がある」と指摘していました。前回のApple発表会では「Mac Pro」の存在も示唆されていたため、そちらの登場にも注目です。

ただしガーマン氏は今回のレポートで、中国一部地域のロックダウンの影響により、サプライチェーンの閉鎖や逼迫で発表スケジュールが複雑になっているとも指摘しています。そのため、場合によっては「MacBook Air」の発表、または発売が延期される可能性もあるようです。

様々な懸念はありますが、Appleの予定どおりに進めばWWDC22は新製品ラッシュとなるかもしれません。基本的には開発者向けのイベントですが、今回は見逃せないものとなりそうです。

ハードウェアの発表の可能性以外にも、iOS 16、iPadOS 16、watchOS 9、tvOS 16、macOS 13など、Apple製品のOSのメジャーアップデートが、6月6日のWWDCで発表されると予想されています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!