6万円値上げM2「MacBook Air」無慈悲な円安価格にAppleファン悶絶


Appleの開発者向けイベントWWDC22で、新型「MacBook Air」が発表されました。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple

M2搭載「MacBook Air」が登場、発売は来月


新型「MacBook Air」は新チップ「M2」を搭載。より電力対性能が向上し、同じワット数で18%高いパフォーマンスを発揮するようになりました。


デザインは完全に一新され、ノッチを搭載した画面に。ベゼルやキーボードの部分もProモデルと同じく黒になっています。


カラーはシルバー、スペースグレイ、スターライト、ミッドナイトブルーの4種類です。


左側の充電ポートにはMagSafeが復活、Thunderbolt/USB-Cポートが2つ搭載されています。右側はヘッドフォンジャックのみで、ポートはありません。


13.6インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載し、ベゼルは薄くなりました。


カメラの画質は1080pに向上。従来のAirの2倍の解像度と低照度性能を備えています。


スピーカーとマイクは、キーボードとディスプレイの間に組み込まれています。スピーカーは4つで、マイクアレイは3つとのこと。Magicキーボードには、Touch IDが搭載されています。

67Wのアダプタで30分で50%を充電する急速充電に対応し、最大18時間のビデオ再生が可能です。


M2搭載とデザイン変更でより魅力的になった新型「MacBook Air」ですが、価格はなんと164,800円から。前モデルが発売された2020年当時の価格は10,4800円だったため、結果的には6万円値上げされたこととなります。

さらに、M1搭載モデルもしれっと値上げされており、134,800円に。お手頃なAirを楽しみにしていたAppleファンとしては、ちょっとショッキングな価格設定です。この値上げの背景には、日本の円安が大きく関係していると考えられます。


他にもWWDC22では、デザインは変わらず、新たにM2を搭載した「MacBook Pro」も発表されました。こちらの価格は178,800円から。どちらも発売は来月とのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!