iPhone 14に来る「スマホの常識をくつがえす」新機能


iPhone 14」では、Proモデルでノッチが廃止されるなど、様々なアップグレードの噂が登場しています。しかし中でも大きな変化の1つとなりそうなのが、iPhone 14の衛星通信への対応です。

※9/8追記 AppleからiPhone 14シリーズが発表されました。「iPhone 14 Pro」の記事はこちら


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors(1) ,(2) ,The Verge ,@id_vova

次世代iPhoneと通信業界の鍵を握る「衛星通信」


経済紙記者のマーク・ガーマン氏によれば、AppleはiPhoneの衛星通信機能の開発に取り組んでいるとのこと。Appleはこの機能をiPhone 13に搭載しようとしていたものの、今年のiPhone 14に延期されたとみられています。

この機能は主に緊急メッセージに限定され、WiFiや携帯電波が届かない場所などで使えるものとなるとされています。これはSMSやiMessageと並ぶ新しい通信プロトコルとなり、グレーのメッセージバブルが特徴になるとのこと。

また、衛星ネットワークを利用して、飛行機の墜落や火災などの重大な緊急事態を報告する機能も搭載される予定です。メッセージの長さも限定されるなどかなり機能は限定的ですが、衛星通信への対応は大きなインパクトを秘めています。

クオ氏によると、Appleは確かに「iPhone 14」の衛星通信機能に取り組んでおり、大量生産に先立って機能のハードウェアテストを完了したとのこと。


ただし、実際に衛星通信が実現できるかはまだ不明です。クオ氏は、Appleは衛星通信をハードウェア面ではサポートしているものの、実現は「Appleと通信事業者がビジネスモデルを解決できるかどうか」にかかっていると指摘しています。

テック系メディア「MacRumors」によれば、Appleは米衛星通信会社Globalstarと協力していることが示唆されているとのこと。著名アナリストのミンチー・クオ氏も、この会社がAppleが提携する可能性が最も高いと述べています。

当初はiPhoneの衛星通信機能は緊急メッセージに限定されるようですが、今後進化が進みネット接続が可能になれば「携帯電波が届かないからスマホが使えない」という常識がくつがえることとなりそうです。

衛星通信関連では他にも、米キャリアのTモバイルとSpaceXが先日、米国内のどこでも携帯通信を提供する計画を発表しました。「MacRumors」によれば、このタイミングはAppleの衛星関連発表を先取りするために計画された可能性があるとのこと。同サービスは「iPhone 14」に搭載されるものとは違い、どんな5Gスマホもサポートできるとされています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!