てんちむ、背中のタトゥーをついにカバーアップ! 「生まれ変わったよ! 」と大喜び!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

登録者数170万人を誇るYouTuberてんちむが、背中のタトゥーをカバーアップする模様を動画で配信しました。多くの視聴者からおすすめされた「予約は半年待ち」と言われる人気のタトゥースタジオへ向かったてんちむ。

10年前に背中に羽のタトゥーを入れたてんちむですが、一体どんな姿に生まれ変わったのでしょうか? 視聴者の反応もあわせてご紹介します。


目次

10年前に入れたタトゥーにコンプレックスを抱いていたてんちむ

羽の生えたようなタトゥーを背中に入れていたてんちむ。度々、自身のタトゥーについてコンプレックスを感じている様子を動画にしていました。過去の動画でもタトゥーについて「若気の至りでタトゥーを入れたんですけど、プールや温泉に入れなくて不便。おすすめしません!」と断言。

またレーザー除去や皮膚移植などのタトゥー除去も考えていたそうですが、元通りには綺麗にならないことを懸念し医療の進歩を待っていたとのことでした。

コンプレックスをカバーしに日本一のタトゥースタジオへ


そんなコンプレックスを長年抱いていたてんちむですが、スタッフのしんちゃんと一緒に視聴者おすすめの京都にあるタトゥースタジオへ。

今回てんちむはタトゥーを除去するのではなく、元のデザインを活かした「カバーアップ」をしてさらに華やかなデザインにするそう! 

日本一のタトゥーアーティストによる施術! 

てんちむのカバーアップを担当するのは、タトゥーアーティストのダニエルさん。「カバーアップがめっちゃ上手くてさらに彫るのが上手い人を教えて」とてんちむが視聴者に募ったところ、圧倒的にダニエルさんの名前が挙がったんだとか。

ダニエルさん自身も腕前に「謙虚に言うと、日本一」と自信満々。とても頼もしいダニエルさんですが、すでに安心して施術を任せられそうですね!

転写されたデザインで満足するてんちむ

いざ彫り作業へ…とはならず、ダニエルさんの考案した羽のデザインをてんちむの背中に転写していきます。転写された背中を見たてんちむは「カワイイー!ダニエルさんバリかわいくない? 」とすでに満足した様子。

「一応お風呂入らなければしばらく保つんで、また消える頃に!」とジョークを混じえつつ、実際に彫っていきます。 

ついにカバーアップ作業へ突入、痛みに強いてんちむ

前半戦、右側の悪魔モチーフの羽をカバーアップ作業へ。ダニエルさんのプロ意識の感じられる技が光ります。ダニエルさん曰く「素早い彫りに上手さの秘訣が入ってる、手間をかけるのとだらだら彫るのは違う」とプロならではのコメント。

この時点でてんちむは痛みを感じる様子も見せず、漫画をのんびり読むほどの余裕を感じられます!このまま痛みを感じることなく、無事カバーアップ完了となるのでしょうか? 

右側の悪魔の羽が完成!

そうしているうちに前半戦が終了。完成した右側の羽をみたてんちむは「ハイクオリティ!前回の原型マジないもんね」と前半戦ですでに感激している様子です。スタッフのしんちゃんも「カバーアップって感じがしない」と絶賛。

元のデザインのモチーフを残しつつ、一本一本繊細に彫られた悪魔の羽は見とれてしまいますね!

後半戦、痛みの限界を迎えるてんちむ

後半戦は左側の天使モチーフのカバーアップ作業へ。前半では余裕の表情を見せていたてんちむですが、作業が進むにつれてんちむの表情がどんどん曇っていきます。時間が経ち疲労と痛みに耐えられなくなっった様子です。 

痛みに耐えるてんちむに「がんばって!」と声をかけたくなってしまいます。 

てんちむの覚悟、ついにカバーアップが完了!

痛みの山場を越えたところで、最後に白色を入れ天使と悪魔の羽のカバーアップが完了!完成した羽を見たてんちむはクオリティの高さに「超最高!堂々と背中出して歩けます。めっちゃ(半年)待った甲斐があった」と感激。 

予定では合計6時間かかるところ、片側約2時間でハイクオリティな羽が完成したことで、ダニエルさんの人気の理由が明らかになりましたね!

視聴者の反応は?

てんちむの視聴者からは以下の反応が寄せられています。

ダニエルさんのカバーアップのクオリティの高さに、てんちむの視聴者からは「タトゥー入れたくなった!めちゃくちゃ良くなってる」との声が寄せられていました。

中には「憧れのお店でてんちむがタトゥー入れてる!」と驚いている視聴者も。憧れのお店でYouTuberが撮影したとなると、さらに行ってみたくなりますね!

コンプレックスを武器に変えたてんちむ

背中のタトゥーをカバーアップしたことにより、長年のコンプレックスを武器に変えたてんちむ。コンプレックスを「解消する」のではなく「カバーアップ」することは普通では思いつかないはずです。

良い意味で多くの視聴者に影響を与えられたかもしれませんね!最後までご覧いただきありがとうございました!

サムネイルは以下より:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

マックスむらいの最新ドッキリ動画

目次