Appleにいますぐ製品化してほしい「Mac mini」をMacBook化するDIYキット

Mac miniとiPad miniを融合した「MacBookもどき」のようなデバイスを、海外YouTuberのスコット・ユージャン氏が作成しています。



関連:493万回使われた〝史上最悪〟のパスワード

*Category:テクノロジー Technology *Source:Scott Yu-Jan,Apple

Mac miniとiPad miniを融合するDIYキット

スコット氏にとって、最適のApple製品はM1搭載の「Mac mini」です。Mac miniは、非常に手頃な価格で良いパフォーマンスを実現します。

しかし、Mac miniにはモニターが無く、ノートパソコンのようにどこでも使えるワケではありません。もし、このコンパクトなMac miniとモニターを簡単に持ち運べたら最高です。


そこで、彼はMac miniとモニターを快適に持ち運べるように、3Dプリンターで専用のキットを作ろうと考えました。彼が考えたのは、ノートパソコンのような構造のキットです。


彼はMac miniとiPad miniの幅が全く同じことに気がつきました。また、iPadは「duetアプリ」を利用すればモニターにすることも簡単です。


そこで、Mac miniとiPad miniを同時に持ち運べるキットを3Dプリンターで作成。設計図は非常にシンプルで、Mac miniのコンパクトさを忠実に維持しています。


あとは、3Dプリンターで印刷して組み立てるだけです。


当然、ケーブル類が邪魔にならないように、収納することもできます。


また、使わない時は壁に掛けることも可能です。


キットの使い方は非常に簡単で、下にMac miniを差し込みます。


そして、上部にiPad miniを差し込みます。


あとは、キーボードを一緒に持ち運んで、使いたい所で利用するだけです。


もちろん、モニターがiPad miniのため、Apple pencilを使うことも可能です。


また、ヒンジ部分のネジが緩くなってもすぐに補修できるように、ドライバーを常時収納できるという気遣い付きです。


これで、オーバーヒートしない超便利PCの完成です。「Scott Yu-Jan」自身も非常に満足しているようです。しかし、ほとんどの人はノートパソコンで満足するため、このアイディアは「万人受けはしない」と彼は語ります。


なお、彼がこのデバイスを作った理由は「排熱が悪いノートパソコンが嫌いだから」とのこと。彼と同じようにノートパソコンが嫌いな人は、3Dプリンターで専用キットを作るのもアリかもしれません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す