100人のボディガードを雇うとどうなる?→最後はまさかの〝警察ざた〟にwww

政府首脳、国賓、会社役員、著名人たちは、護衛のために「ボディーガード」を雇うことがあります。ただ大統領であったとしてもボディーガードの数は20人程度です。では、もし100人のボディーガードを同時に雇うとどうなるのでしょうか?

今回はチャンネル登録者数1,000万人超えのユーチューバーであるエリックさんが実際に大量のボディーガードを雇って、スタジアムやディズニーやイベント会場に潜入しています。最後は警察沙汰になる事態に…



関連:スティーブ・ジョブズが初めて働いたゲーム会社〝アタリ〟社製VRヘッドセットの仮想CG

1人→100人のボディーガードを雇うとどうなる?人数ごとに検証


今回の実験では1人のボディーガードから徐々に人数を増やしていきます。

ボディーガード「1人」の場合


ボディーガードが1人の場合は、服を買いに行ったりするなど、いつも通りの生活とあまり変わりません。行動する上では快適ですが、護衛という視点では少し物足りないかもしれません。


ボディーガード「2人」の場合


次は、人が多くいる屋外でベンチプレスをしてみました。2人のボディーガードがいれば、1人がベンチプレスをしている依頼人の近くにいて、もう1人が周りの様子を警戒することができます。盗撮なども防止することができるでしょう。


また、街で出会った人と急にバスケットボールなどをする場合は要注意です。決して、依頼人に他人を近づけてはいけません。ボディーガードは相手チームの選手を排除しようとします。つまり、ボディーガードを雇っている間は知らない人とバスケットボールをすることはできないということです。


ボディーガード「5人」の場合


次はボディーガードを5人に増やしてゴルフを行います。やはり5人のボディーガードが常にそばにいると目立ちます。


ボディーガード「10人」の場合


次は、ボディーガードを10人に増やして野球観戦を行います。10人のボディーガードを引き連れてスタジアムを歩くと、周りからかなり注目されるようです。

ただ、入場ができれば、問題無く野球観戦はできています。


ボディーガード「50人」の場合


ここで一気にボディーガードの人数を50人に増やします。ボディーガードが50人にもなれば移動するために大型バスが必要になります。

そして、彼らが向かったのはディズニーです。


ディズニーという広大なテーマパークでも50人のボディーガードを引き連れていると目立ちます。当然、周りの人はこの大人数をカメラで撮影しようとしますが、そこは50人のボディーガードが必死に阻止しようとします。


ここで緊急事態です。ディズニーの警備員が現れ、事情聴取をされました。その結果、ディズニーを追い出されました。やはり、50人以上で移動することは周りの迷惑になってしまうようです。


ボディーガード「100人」の場合


ついに100人のボディーガードの登場です。依頼人が車移動をした場合、車の周りには多くのボディーガードがいます。

車の中からの景色は、ほぼボディーガードしか見えません。


イベントなどの人混みに出ると身動きを取るだけでも一苦労です。


しかし、ここで問題発生です。人が集まり過ぎたため、依頼人は警察に事情聴取をされてしまいました。


ただ、今回は厳重注意で終わって解放されたようです。


なお、日本ではセコムなどが「身辺警護」というメニューでボディーガード・サービスを提供しています。100人同時に雇えるかは不明ですが、「YouTubeで話題になる動画をつくりたい」という方はたくさんの資金を用意して、実際に試してみください!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す