最強のマグナム銃 vs 警察の透明な盾

警察などが銃の弾から身を守るために使用する「透明なシールド」。使用者の命を守るこの防弾シールドには、どれくらいの耐久性があるのでしょうか?海外YouTuber「Kentucky Ballistics」が、実際に小型拳銃や超巨大マグナムを使って透明シールドの性能を徹底検証しています。



関連:1発2,000万円、鋼鉄の戦車を歩兵で破壊可能にする「革新的兵器」の正体

*Category:テクノロジー Technology *Source:Kentucky Ballistics,wikipedia

透明のシールドにはどれほどの耐久性があるのか?


この透明シールドは、高さ60㎝、幅30㎝、厚さ4㎝、重さ7㎏でポリカーボネート(プラスチックの一種)製です。このシールドにいろいろな弾丸を打ち込んでいきます。

スターム・ルガーLCR22/22ロングライフル弾


まずは、透明のシールドを固定して、小型拳銃のルガーLCR22で撃ってみます。発砲したところ、シールドに小さな傷がつきました。


しかし、全く貫通はしていないようです。

グロック19/9㎜弾


グロック19で撃つと、シールドに弾が埋まってしまいました。


しかし、反対側に膨らみなどはありません。

スプリングフィールド1911/45ACPプラス弾


スプリングフィールド1911で撃つと、グロック19同様に弾がシールドに埋まってしまいました。


反対側に膨らみはありません。

S&W M610/10㎜弾


次は米最大の銃器メーカーS&W(スミス&ウェッソン)のM610。こちらはシールドに弾が埋まりました。(下側の銃痕)


そして、反対側が弾丸の威力によって膨らんでいます。ただ、貫通はしていません。

S&W M629 44マグナム/ホローポイント弾


44マグナムで撃つとシールドにしっかり銃痕が残ります。


貫通はしていないようですが、反対側は少し膨らんでいます。

S&W M686/357マグナム弾


M686で撃つと、弾が完全にシールドに埋もれてしまいました。(右側真ん中の銃痕)


反対側もかなり膨らんでいます。しかし、貫通はしていないようです。

関連:1,800億円のステルス爆撃機B-2が〝たった30秒〟で失われた残念すぎる理由


AD
AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す