MENU

中田敦彦がチャンネル登録者数500万人突破ライブのエピソードを語る! 12時間の死闘の裏側とは?

500万人突破のお礼動画を更新。チャンネル登録者数500万にを突破するために大晦日に11時間50分の生放送を行った中田敦彦。そんなあっちゃんが生放送を振り返り舞台裏を語るとともに改めて応援してくれたファンに向けて感謝を語っていますのでその動画をまとめていきたいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

目次

年内に500万人突破は一度諦めた

それでもコムドットレペゼンが400万人を達成し、さらにはスカイピースが2泊3日で目標達成するために動いていたことに影響を受け、「どうしても戦いたい」という思いが芽生え大晦日のライブを行うことを決意。年末になにもしなかったのかよと言われるのが一番いやだという思いもあったようです。

約12時間のライブを行った会場は、大手町の三井ホール

ライブ自体は2日前に急遽行うことが決定し、会場を準備。このライブの会場は、大手町の三井ホールで、実は会場は年末は貸し出しをしていなかったようです。しかし、あっちゃんが交渉し熱意を伝え快く使用許可をしてくれたと裏側を話していました。

あっちゃんのテレビで活躍している時代、YouTubeで活躍している今の姿があるからこそ実現した生放送ということで、中田敦彦の実績と信頼感の高さがうかがえるエピソードです。

初心を思い出させてくれたコムドット

コムドットの名前を出し、チャンネル登録してくださいとお願いすることの大切さを実感したと語るあっちゃん。有名なエピソードですが、コムドットは初期のころ竹下通りで「チャンネル登録してください」と直接声をかけていました。

生配信終盤で土壇場に立たされた中田敦彦は、「チャンネル登録お願いします」とコムドットのように訴えかけます。その結果、チャンネル登録者数が増えるスピードも上がり改めて大切なものをコムドットから学んだと振り返っていました。


生放送中に心が折れたポイントは2つ

YouTubeの動画では、過去にエヴァンゲリオンを4時間ぶっ続けで話すなど芸人時代に磨いたトークスキルを武器に戦ってきたあっちゃん。

そんなあっちゃんでも1人で無観客での12時間生放送はかなりきつかった様子。心が折れたタイミングが2回あったと動画内で話しています。

1度目は生放送開始90分後

「お客さんを入れて、観客の前で話すのは4時間でも5時間でもできる。でも今回のように無観客での撮影は10倍疲れる」と話します。

「結構話したけど何時間たったかなと時計を見てもまだ90分しかたっていない。しかも登録者数は順調とは言えずゆっくりと増えている。ぞっとした」と当時を振り返っています。

2度目は6.7時間たって空っぽになった瞬間

これまでYouTubeで話してきた話やトークチャンネルでも話していなかった話題など、すべてを出し切ったのが生放送開始から6、7時間たった時。

ロレックス購入のことやトークチャンネルでたびたび登場する片岡飛鳥さんの話など全てを出しきって空っぽな状態になったと話します。

心が折れかけた瞬間に藤森慎吾が登場

トークの引き出しが空っぽになり、目標の500万人にもまだ到達しそうにないそんな時に相方である藤森慎吾が登場。

もともとのあっちゃんの構想では、500万人到達したら登場予定だったようです。達成した瞬間にハイタッチをしてかっこいい締めを飾る。そんな演出を用意していましたが、時間の都合もあって相方が登場します。

料理好きな藤森が4万のタラバカニをさばく

相方・藤森慎吾が登場。12時間の生放送の6時間40分あたりから藤森がカニをさばくシーンが見られますので気になる方はぜひご覧ください。

ステージにビニール袋を引き床に胡坐をかきながらさばいていきます。あっちゃんは7000円と予想しましたが藤森が用意したのは4万円のタラバガニ。包丁を使わずハサミだけで手際よくさばいていく藤森の姿は必見です。


生放送中を振り返って…中田敦彦自身が思う好きなセリフ

12時間の生放送を振り返ってあっちゃん自身が語ったセリフで「自分ってこんな言葉を口にするんだ。いいな」と思った言葉が2つあったようです。

1つ目は、「チャンネル登録者数は数字 数字と言われるけどその背景には人がいる。この数の人々の応援がある」という言葉。2つ目は、500万人突破直後に放った「きれいに叶えられる夢なんてない」という言葉。この2つの言葉をきいても激闘だった様子がうかがえますね。

さらに高みをめざす中田敦彦にこれからも期待

今回は、中田敦彦のトークチャンネルに上がった大晦日500万人突破LIVEを終えてという動画をまとめてきました。

12時間の生放送で何を感じて、500万人を突破して何を思ったのか赤裸々に語ってくれています。2023年の目標は別の動画で話します、これからも応援してください。と動画を締めていましたのであっちゃんの夢はまだまだ終わりません。これからの中田敦彦の動画に期待しながら一緒に応援していきましょう。

サムネイルは以下より:

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる