【遊戯王OCG】書籍付録なのに2枚積み必須!? 「神聖なる魔術師」効果が公開

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

KONAMIが全世界に展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王オフィシャルカードゲーム(遊戯王OCG)』にて、2023年2月21日(火)発売の「Vジャンプ4月特大号」に付属するカードの情報が公開されました!

目次

「神聖なる魔術師」の効果が公開


※サムネイル画像は遊戯王マスターデュエルより

KONAMIが展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王OCG』にて、2023年2月21日(火)に発売される「Vジャンプ4月特大号」の付録カード「神聖なる魔術師」の効果が公開されました!

「聖なる魔術師」のリメイクカードとなる「神聖なる魔術師」は、レベル5の上級リバースモンスター。効果は以下の通りとなっています。

■神聖なる魔術師

光属性 魔法使い族 レベル5 リバース 効果
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1)このカードがリバースした場合、自分の墓地の魔法カード1枚を対象として発動できる。このカードを手札に加える。その後、デッキから「聖なる魔術師」または「神聖なる魔術師」1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

「聖なる魔術師」と比べて、魔法カードを回収する効果が同名ターン1になったものの、同時にデッキから「聖なる魔術師」または「神聖なる魔術師」をリクルートする効果を持っています。

「聖なる魔術師」がない場合は、自身の同名カードをリクルートすることになるため、書籍付属でありながら2枚以上積まないと真価を発揮しにくいという点には要注意。

なお、「聖なる魔術師」は2021年7月10日発売の「デュエルロワイヤル デッキセットEX[ブラック・マジシャン]」が最後の再録となっています。

入るデッキについては、魔法カードを回収する効果を持ち、リバースモンスターであることから、儀式魔法とリバースが軸となる「占術姫」デッキ、融合魔法とリバース効果の「シャドール」、リバースをとことん使い回す「サブテラー」あたりが選択肢になりそうです。

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_OCG_INFO)

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次