Twitterに「投稿不能」障害、イーロン・マスクが緊急対応を指示

Twitterが最大文字数を「4,000文字」に拡張したあと、多くのユーザーがツイートできない状態になっています。この2つが関連しているかどうかは今のところ不明ですが、このタイミングは、長文ツイートが顕著に急増した直後のようです。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,@kyliebytes ,Downdetector

大規模なTwitter障害発生、イーロン・マスクも対応指示


Webサービスの障害監視サイト「Downdetector」によれば、2月9日6時〜8時頃の間、Twitterでトラブルが発生したという報告が10,000件近くあがりました。


テックメディア「9to5Mac」によれば、この障害によって多くのユーザーがツイートできなくなり、以下のようなエラーメッセージが表示されたとのこと。


申し訳ございませんが、ツイートは送信できませんでした。再試行しますか、このツイートを下書きに保存しますか?

興味深いことに、他のユーザーには「1日のツイート送信制限を超えています」といった別のエラーメッセージが表示されることもあったそうです。なお、予約ツイートはなぜか問題なく使えたそうです。

「9to5Mac」は、Twitterが文字数4,000文字への超大型拡張を開始したことで、今日のアクティビティが大きく急増したと指摘しています。ただし今のところ、それが障害の原因であるかどうかはまだ不明だそうです。なお、この機能は現在、米国でTwitter Blueに加入しているユーザーのみに提供されています。

米経済誌「Fortune」のカイリー・ロビソン記者によれば、イーロン・マスクCEOは従業員に向け、「スーパーボウルを控えているため、システムの安定性と堅牢性を最大限に高めることを優先し、新機能の開発は当面休止」という緊急対応をメールで指示しています。

また、「サクラメントからの移行、アトランタの統合、GCPの使用量削減についても、少なくとも来週までは休止すべき」とフォローしたとされています。

「Downdetector」によれば、すでにTwitter障害の報告は4,000を下回っており、サービスはほぼ修復されたと見られます。とはいえ今後同じようなことが起こらないとは限らないため、フォロワーとは他の連絡手段ももっておいたほうが良いかもしれません。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す