プロ野球キャンプでファンサービス再開! 各地の様子を一挙に公開します!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

コロナウイルスの影響によって、規制がかかっていたファンサービス。キャンプの醍醐味である選手との距離の近さやファンサービスの楽しみがなくなり、はや3年……。しかしなんと! 今年のキャンプから、半数の球団において規制が緩和しました! 

各球団のファンサービスの状況や、 交流イベントについてまとめていくので、ぜひ最後までご覧ください!

目次

目次

【2023年度春季キャンプ】今年のキャンプ地は?

まずは、各球団の今年のキャンプ地を確認しておきましょう。 球団同士が近くでキャンプを行っていることもあるので、はしごできるのも醍醐味ですね!

※以下、1軍のキャンプ地を元に記載します。

【沖縄県】9球団

・東京ヤクルトスワローズ
・横浜DeNAベイスターズ
・阪神タイガース
・読売ジャイアンツ(一部宮崎県)
・東北楽天ゴールデンイーグルス
・広島東洋カープ (一部宮崎県)
・千葉ロッテマリーンズ
・中日ドラゴンズ
・北海道日本ハムファイターズ

引用元:日本野球機構公式サイト

【宮崎県】3球団

・オリックス・バファローズ
・福岡ソフトバンクホークス
・埼玉西武ライオンズ

引用元:日本野球機構公式サイト

2軍・3軍のキャンプ地や詳細については、公式サイトのホームページからご確認ください。

どちらもシーズン中には足を運ぶことのないエリアなので、純粋に観光が楽しめるのも魅力です。この機会に、プロ野球にあまり興味のない友人・恋人・家族を連れてキャンプ地に行くのも良いかもしれません。あわよくば、プロ野球の虜に……。

各球団のファンサービスまとめ

キャンプが始まって間もないので、現時点での情報にはなりますが、既にネット記事になるほどの盛り上がりを見せています。 好きな球団や、好きな選手に関する情報がないか、ぜひ公式情報やInstagramも併せてチェックしてみてください!

グッズ購入者限定! 横浜DeNAベイスターズ

キャンプ地の球団グッズショップにて、税込み5000円以上を購入した先着100人を対象に、サイン会と撮影会を実施。1日2選手と小規模ではありますが、グッズショップの前には行列ができています。 抽選ではなく先着順のため、時間に余裕のある方は、頑張れば確実にファンサービス受けられるのが嬉しいポイントです。

見学ツアーが充実! 読売ジャイアンツ

抽選形式ではありますが、ブルペンで投球練習を見ることができる「ブルペン見学ツアー」を実施。その他、「打撃練習ツアー」や「朝のグラウンド体験ツアー」など、選手を近くで見られるイベントを開催しています。選手の移動時にタイミングが合えば、サインがもらえることもあるかもしれません。

本当はNG? 広島東洋カープ

広島東洋カープ日南協力会の情報によると、ファンサービスは未解禁のようです。しかし実際には、サインをしている光景も見受けられます。「基本はファンサービスNG、もらえたらラッキー」の心構えでいましょう。

神対応!? 千葉ロッテマリーンズ

握手やプレゼントの手渡しは引き続きNGですが、サインと写真撮影が解禁。WBCのメンバーにも選出された佐々木朗希選手がサインに応じ、話題となっています。

真相はいかに、中日ドラゴンズ

公式ホームページの情報によると、ファンサービスは未解禁になっています。しかし、メディアでは解禁と報じられているため、真相は不明です。公式情報が発表されたのが「2023/1/6」のため、もしかすると緩和されたのかもしれません。

公式マスコットのドアラが、売り子やファンサービスを行っている様子もSNS上に上がっています。正式にファンサービス解禁になる日も近いかも!?

大々的解禁! 福岡ソフトバンクホークス

サインや写真撮影だけでなく、ハイタッチ等も解禁されました。ファンサービスの様子もSNS上に多数あがっており、盛り上がりを見せています。12球団の中でも、大々的に解禁している印象です。

選手の気持ちが嬉しい! 埼玉西武ライオンズ

写真撮影とサインのみ解禁されました。源田選手が練習前にサインに応じるなどしているようです。握手とプレゼント受け渡しはNGのままとなっていますが、練習前に対応してくれる選手には敬意を表します。

 
全球団が大々的にファンサービスを解禁しているというよりは、あくまで一部緩和といった状態です。日々状況は変わっていくので、現地に出向く前に、公式の最新情報をチェックしましょう!

ファンサービス未解禁球団(2023年2月7日時点)

以下5球団は、公式ホームページ上でファンサービスの自粛を明記しています。

・東京ヤクルトスワローズ
・阪神タイガース
・東北楽天ゴールデンイーグルス
・北海道日本ハムファイターズ
・オリックス・バファローズ

他球団が解禁されているため、余計に残念に感じるかもしれません。実を言うと私も一時期、「なぜあそこは良くて、うちはダメなんだ……。」状態に陥っていました。

しかし、現状について嘆いても状況は変わりません。シーズン中の試合を観に行く、グッズを購入するなどして、陰ながら応援していきましょう! そして、ファンサービスが解禁された時には、ぜひ一緒に喜びましょう!

2023年シーズンは声出し応援が解禁⁉

2023年3月4日(土)、千葉ロッテマリーンズが、マスクをした状態での声出し応援を解禁します! 待ちに待った日がついに……。冗談抜きに、涙腺が崩壊してしまうかもしれません。全球団で解禁されるわけではありませんが、大きな一歩です。

今はファンサービスが解禁されていない球団も、年内には声出し応援が解禁されるかもしれません。各球団がキャンプを通じて、どのようなチームに仕上げてくるのかはもちろん、今後の試合運営についても期待です! 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次