新しい「MacBook Air」はデカい! 15.5型ディスプレイ&M2 Pro搭載とのリーク

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleが開発中と噂されている15.5インチ「MacBook Air」。このモデルの発表が近づいていることを示す新たなリークが登場しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,Mark Gurman(Bloomberg) ,@mingchikuo

目次

15.5インチ「MacBook Air」のパネル生産が開始される


テックメディア「9to5Mac」によれば、ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏は15.5インチ「MacBook Air」のパネル生産が今月から開始されており、「4月初旬」に発売されることを示唆したとのこと。

15インチ「MacBook Air」については、様々な情報筋がその存在をリークしています。経済紙記者のマーク・ガーマン氏は昨年に15インチの「MacBook Air」が開発中であると報告し、その後2023年の春に発売される可能性を指摘していました。

15インチ「MacBook Air」については、あまり多くの詳細は明かされていません。ただし「9to5Mac」は、基本的には13インチ「MacBook Air」と同じデザインで、より大きなスクリーンを搭載していると考えるのが普通でしょう。


著名アナリストのミンチー・クオ氏も15インチ「MacBook Air」についてレポートしていますが、同氏は「Air」ではなく、単に「MacBook」になると主張。他にも、同アナリストは、15インチMacBookはM2とM2 Proの構成で提供されるとしていました。なお現行の13インチ「MacBook Air」の構成はM2チップのみです。

これは、Appleが「MacBook Air」を13.6インチと15.5インチの2種類の画面サイズで提供しようとしていることを意味します。Appleはかつて「MacBook Air」を11インチと13インチの2種類の画面サイズで提供していましたが、最終的には小さいモデルを廃止しました。

なお、より大きな画面のMacBook Airと並び、Appleは12インチ「MacBook」も開発しているとガーマン氏は以前に報告しています。ただしこのモデルは、早くても2023年末か2024年初頭まで発売されないとのことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次