香川真司がJリーグに戻ってくる! 欧州で残してきた実績は? 代表での実績もご紹介!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

香川真司選手がJリーグに戻ってきますね。キャリアのほとんどを欧州で過ごしてきた香川真司選手。昨年はワールドカップで日本中がわきましたが、日本代表のメンバーに香川選手はいませんでした。欧州で活躍してきた香川選手はいったいどんな選手だったのでしょうか。この記事では香川選手の経歴や、全盛期のすごさについて紹介していきます。

この記事を読む事で、サッカーを見始めたばかりで香川選手がどんな選手が知らない人でも、香川真司選手について知ることができますよ!

目次

目次

香川真司選手の経歴

香川選手はどのような経歴を持っている選手なのでしょうか。解説していきます。調べてみると海外移籍後は数々のチームを渡り歩いているようですね。

香川選手のプロフィール・経歴

まずは香川選手のプロフィールを見ていきましょう。

名前:香川 真司(かがわ しんじ)
生年月日:1989年3月17日
血液型: A型
性格 :面白い/明るい
身長/体重:175cm/68kg
出身地:兵庫県
利き足:右足
結婚 :未婚
メインポジション:トップ下
サブポジション:インサイドハーフ

香川選手は兵庫県で生まれて、小学校からサッカーをはじめます。小学校5年生の時になんと神戸のチームから、宮城県のチーム「FCみやぎバルセロナ」の練習に参加するようになると、中学進学を期に宮城県に活動拠点を移したようです。

少年の時から活動拠点を移すほど、サッカーに打ち込んでいたなんてやはり一流プレーヤーは幼少期から違いますね。

サッカー選手としてのキャリア

香川選手のサッカー選手としてのキャリアを見ていきましょう。チームの一覧は少し多いですが、下記のようなチームを渡り歩いています。

入団チーム セレッソ大阪
1. ボルシア・ドルトムント
2.マンチェスター・ユナイテッド
3.ボルシア・ドルトムント
4.ベシクタシュJK
5.レアル・サラゴサ
6.PAOK
7.シントトロイデン

香川選手はプロキャリアはセレッソ大阪でスタートしました。プロ2年目にレギュラーを獲得すると3年目の2008年にはU23日本代表に最年少で選出されるなど飛躍します。そして、同年にはチームの顔と言える背番号8も取得し一躍チームの顔となりました!入団3年で一気に日本でも抜きんでた実力を発揮し始めていますね。

海外移籍後の香川真司選手

香川真司選手と言えば海外でのたくさんのチームを渡り歩きましたが、活躍の印象が強いのは「ドルトムント」「マンチェスターユナイテッド」ではないでしょうか。特にドルトムントは香川選手のいた2010-11、2011-12のシーズンが非常に強くブンデスリーガを連覇しています。

2010-11はケガにも苦しみましたが、18試合に出場し、8得点1アシスト。続く2011-12は13得点12アシストを記録しました。おそらく2011-12シーズンは香川真司選手が全盛期だったシーズンでしょう。ブンデスリーガで無双する日本人ですから、当時のサポーターからしたらワクワクが止まらなかったのではないでしょうか。

次に印象深いのがビッククラブ「マンチェスターユナイテッド」への移籍でしょう。2シーズンの在籍でしたが、監督の変更もあって思うように行った感じではなかったようです。しかし、優勝争いの中でハットトリックを決めるなど、サポーターの記憶に残る活躍もしています。最終的にドルトムントに戻った香川選手は年棒6億5,000万円を結ぶほどの評価になりました。

日本代表での香川真司選手

香川選手は2008年から日本代表にも選ばれています。ワールドカップ出場は2014年と2018年の2回の出場です。日本代表でも背番号10番をつけてエースとして活躍します。日本代表では97試合に出場。通算で31ゴールを決めています。このゴール数は歴代6位の記録です。ちなみに同年代の本田選手は37ゴールで4位を決めています。歴代トップ10に入っていますから香川選手のすごさが伝わりますね!

香川真司選手は何がすごかった?

香川真司選手はいったいどのような選手だったのでしょうか?ここからは香川真司選手の特徴とすごさを紹介していきます。香川選手の強みは大きく分けて3つです。

1.ボールタッチがうますぎる
2.得点シーンに絡める
3.創造性あふれるプレーが多い

攻撃的MFとして活躍している香川選手ですが、ボールコントロールに非常にたけていて、とにかく得点シーンに絡むことが多かったと言います。

ラストパスを送るのもうまければ、FW顔負けの得点能力で自分でもガンガン特典を狙いに行くというスタイルです。

歴代の日本サッカーの中でも屈指のテクニシャンで、日本代表メンバーから見ても香川選手の技術は頭一つ抜けているレベルだったようですね。
そんなレベルが高すぎるテクニックを持つ香川真司選手が最もチームとフィットしたのが「ドルトムント」です。日本代表戦よりものびのびプレーしている所を見て、日本代表にもう一人香川に匹敵する選手がいれば、香川も気持ちよくプレーできるのに、と言われるほど。
どれほど香川真司選手の実力がずば抜けていたかが分かりますよね。

そんな香川選手が、とうとう日本に戻ってきます。海外を渡り歩いた日本最高のテクニシャンがどんなプレーを見せてくれるか楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次