キングコング西野がブチギレ? とあるビジネスで遭遇した闇を暴露!

キングコングの2人は、個人の活躍はもちろんのこと「毎週キングコング」というコンビのYouTubeチャンネルも人気を集めています! コンビでの活躍よりもそれぞれで活躍しているイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

2人揃った時の漫才のような掛け合いに、公開される日曜夜を楽しみしている視聴者も多くいます。この記事では、2人のエピソードトーク内容やSNSの反応をご紹介!ぜひ最後まで読んでください。


西野さんがブチギレの理由は?

チャンネル名の通り、毎週キングコングの2人が顔を合わせて1週間のうちに起きた出来事などを話していきます。活動の幅が広い2人は仕事の場面で、「その態度は違うだろ」と思う人に出くわすことが多いようです。

西野さんは、企業からコンサルタントを依頼されることがよくあるとのこと。初めて仕事を一緒にする会社の数も何百社単位であるといいます。必然的に変な人と仕事をしてしまったと後悔することもあるようです。

コンサルタントでの悩み

経営者からの相談も多いという西野さん。絶対にやめて欲しいことがあるとかなり熱を持っている様子。それは「事前に言った相談と本当に解決したい悩みが違うこと」なんだとか。西野さんは、伝統工芸品の会社を例に解説しました。

とある伝統工芸の会社から相談を受けたとして、最初の相談内容が「伝統工芸品のとある品目の業界を盛り上げたいんですけどどうすればいいですか? 」と言われるそうです。同じように別の業種の会社でも「自分の業界を盛り上げたい」と言われるんだとか。

熱意ある相談内容かと思いきや、西野さんは「こいつら全部うそやねん」と相談を受けた時と同じ熱を持った怒りを滲ませました。

「業界を盛り上げたい」はウソ?

「こういう人たちは業界を盛り上げたいのではなく、自分の会社の売上を上げたいだけだ」といいます。事前に受けた相談の通り、西野さんは業界を盛り上げるための提案をするそうです。しかし、その会社の利益にならないような案は受け入れられないといいます。

さまざまな角度から西野さんがアプローチしていった結果、「業界ではなく自分の会社の利益になるようなことがしたいだけだった」というケースがかなり多いようです。「それを先に言え!」と怒り爆発!

聞いていた梶原さんも共感していて、「カッコつけたい気持ちがある」といいます。どの業界にも「業界を盛り上げたい」というコメントに対して、「そんなことを思っている人は1人もいない」とのこと。

自分の売上を考えるのが先決!

梶原さんもカジサックとして活動初期の頃、「YouTubeでも芸能界でも活躍して二つの橋渡しをするんや!」と意気込んだところでどっちも盛り上がらなかったといいます。業界の盛り上げを個人でどうにかすることは二の次で、自分が圧倒的に売れることでいいとのこと。

梶原さんが、出版業界を盛り上げたい人の気持ちになって相談してみると「ウソウソウソ!」と突き放す西野さん。「出版業界を盛り上げたいなら売れてる本の宣伝すればいい」とのこと。しかし、そういった相談を持ち寄る人が自身の書籍案を持ちかけてくるそうです。

「業界を盛り上げたい」という言葉は、ちょうどいい文言だといいます。綺麗に聞こえる上に誰も損しない言葉で強力な一方で、コンサルタント側からすれば時間がもったいないと感じる考えのようです。

業界を考えるのは二の次

梶原さんがフォローしつつも、「よく見られたいだけ」だといいます。西野さんは心から嫌気が差したように「ほんとにやめて」と頭を抱えてしまいました。順番としては、自分が売れてさらに業界が盛り上がれば良いならわかるとのこと。

キングコングの2人もそれぞれの業界に属していますが、1番売れたいと思いながら活動しているそうです。その一方で、自分が選んだ好きな業界だということもあって「業界が盛り上がればいいなと思いながら活動している」といいます。

「建前で話すのはやめて欲しい」と西野さんは心の底から訴えかけました。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「西野さんがキレながらの業界の話はめちゃくちゃ笑ったし、納得した!」「西野さんのはっきりとモノを言うところほんと好きだし、話聞くたびにリスペクトできます!」といったコメントが寄せられました。

西野さんのエピソードに共感している視聴者が多いようです!

笑いの絶えない動画に満足感を得ている視聴者が多いようです!

2人の掛け合いの面白さも相まって、西野さんの主張が腑に落ちたというような視聴者が多くいました!

必聴の西野さんのブチギレエピソード!

最後まで読んでいただきありがとうございます!さまざまな人と会う西野さんだからこそ、溜まりに溜まったものが爆発しました。しかし、人と付き合っていけば多かれ少なかれ出会うような場面に共感する視聴者も多かったようです。

西野さんのエピソードも梶原さんのエピソードから流れるように展開されていました。2人のトークはずっと聞いていられるほどの聞き応えがあります。今回の動画で2人のトークや活動に興味を持った方は、過去の動画も視聴してみてはいかがでしょうか。

サムネイルは以下より:

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す