HikakinTV大人気企画『第3回47都道府県ラーメンダーツの旅 山形編』ヒカキンが選んだラーメンと観光スポットはコレ!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

HikakinTVで人気企画となっている『47都道府県ラーメンダーツの旅』。第3回目となる今回は、初の東北エリア山形です。このラーメン旅は、観光地を満喫するヒカキンさんの姿も見どころとなっているのですが、今回は1泊2日での旅なのでみどころ盛りだくさんの神回となっています。

本記事では、動画のハイライト部分はもちろん、ヒカキンさんが選んだラーメンと観光スポットについて詳しく説明していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

目次

過去動画も大バズリ! 

第1回目の北海道編や第2回目の熊本編も、各方面から高い評価を得ているこの企画。視聴者からも「このシリーズだけは終わってほしくない」と切願されるほどの反響となっています。

というのも、この企画はヒカキンファン・ラーメンファン・旅行ファンすべての心をくすぐる動画となっているため、老若男女問わずに認知され愛される大人気企画となったのです。

今回の動画

今回、ダーツが刺さった県は山形県。ヒカキンさんの古郷新潟県の真上に位置する山形県は、自然が豊かでのんびりと過ごせる観光地も豊富な大人向け観光地といわれています。

ではさっそく、ヒカキンさんがどのラーメン店を選び、どの観光地に足を運んだのか、下記の動画をもとにしながら詳しくみていきましょう!

【ラーメンその1】ケンチャンラーメン山形

平日オープン前であるにもかかわらず、すでに行列となっているケンチャンラーメンさん。ヒカキンさんが食べたラーメンは「中華そば(フライングケンチャンver)」です。

ヒカキンさんによれば「高品質の煮干しをベースに動物系と数種類の野菜と最高級の昆布でダシをとったスープ」「濃厚なのに飲みやすい」「七味唐辛子があう珍しいラーメン」「自家製手打ち極太ちぢれ麵」とのこと。店を出てからも「ボリューミーなラーメンで元気が出た」と満足そうに話しています。


【ラーメンその2】龍上海 赤湯本店

昭和33年に創業し、半世紀にわたり愛されつづけている龍上海さん。ヒカキンさんが食べたラーメンは「赤湯からみそラーメン」です。

ヒカキンさんによれば「鶏ガラを中心に、肉・魚介をぜいたくに使ったスープ」「煮干しのインパクトが抜群」「赤湯産の唐辛子を使った辛みそがスープを引き立てる」「伸びないコシのあるモチモチ手打ち麺」とのこと。「人生で食べたことのない味でした」と嬉しそうに話す姿も印象的でした。

【ラーメンその3】琴平荘

海のすぐそばに位置するラーメン屋、琴平荘さん。ヒカキンさんが食べたラーメンは「中華そば(あっさり)」です。

ヒカキンさんによれば「鶏ガラベースに自家製焼き干しトビウオが入った、魚介系・動物系のWスープ」「保存料を一切使わない自家製モチモチ麺」「加水率55%の中太ちぢれ麺」「三元豚を使用しているドデカやわらかチャーシューも絶品」とのこと。次は中華そばこってりverを食べてみたいとも話していました。

【観光地その1】蔵王温泉スキー場

東北民ならば誰もが知っている蔵王温泉スキー場で、初スノボとスキーを満喫したヒカキンさん。

スノーボードの際は、滑る時間よりも転んでいる時間が多い状態となっています。また「とまるためには転んでしまおう」という発想なのでしょうか。お尻をつきながらファンサービスをしている姿は、哀愁ただようおもしろシーンとなっていました。

そしてスキーシーンは、さすがの一言。名誉挽回も達成です!見ているだけで爽快感を感じられるほどの腕前なので、ぜひ皆さんもご覧になってみてくださいね。

【観光地その2】最上川芭蕉ライン

ヒカキンさんは、最上川芭蕉ラインで舟下り体験もしています。船は貸し切りなのでガラっとしていますが、船頭役者の山科享さんのテンションがすさまじいので、終始元気であふれるシーンとなっていました。

時期によっては凍った滝もみえると説明されながら、冬景色を満喫します。川や波、滝や白鳥など、ひとつひとつに感動をするヒカキンさん。また、山科さんの歌とヒカキンさんのビートボックスのコラボシーンも必見となっています(1時間3分50秒から)。


【観光地その3】ストロベリーファーム

イチゴ大好き系YouTuberといっても過言ではないヒカキンさん。エンジェルエイトという品種の白イチゴを、モグモグモグモグと食べ放題でいただきます。

ストロベリーファームさんの看板猫のもぐもぐちゃんとふれあうヒカキンさんも、おすすめみどころシーンのひとつ。「たぬきみたいでかわいい」とデレデレしているヒカキンさんが山形での最終シーンとなりました。

ヒカキンが認めたお宿も必見! 

ヒカキンさんが山形旅の際に利用した宿泊場所は、深山荘 高見屋さんです。1泊するために支払った金額は10万円とのことですが、個室露天風呂があったり、二階建て仕様のお部屋だったりと、価格以上と感じるお部屋が用意されていました。

山形の寒さと、露天風呂の熱さの組み合わせは至福の極みとのこと。「朝まで入っていたい」「悪魔的」と話す姿も印象的でした。温泉街もお宿も大満足といった表情のヒカキンさんをみていると、こちらまで幸せな気持ちになります。

続編も楽しみに待とう! 

旅先で「ラーメン旅(ダーツ旅)できたの?」と声を掛けられるほど、認知度・注目度が高まってきているこの企画。たまたまラーメンを食べにいったときにヒカキンさんと遭遇するという、摩訶不思議な体験がこれからもたくさん起こると考えられるでしょう。

旅先ではしゃぐヒカキンさんの表情はもちろん、ヒカキンさんに遭遇し喜んでいる視聴者の表情も必見です。チャンネル登録を済ませて、続編を楽しみに待ちましょう!

サムネイルは以下より:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次