次の「iPad Pro」が〝鬼のように値上げ〟される理由

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Appleの次世代「iPad Pro」について、価格が大幅に上昇するかもしれないというリークが登場しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:Cult Of Mac ,The Elec

目次

次世代「iPad Pro」の有機ELディスプレイは超高価


現在の「iPad Pro」は11インチモデルが124,800円、12.9インチモデルが172,800円からと、けして安価ではありません。しかしドル価格で見ると、11インチモデルは2018年からこの価格をキープしており、12.9インチモデルの最後の値上げは2021年です。

しかし、次の「iPad Pro」に関しては、大幅に価格が上昇する可能性があります。その理由が、有機ELディスプレイ(OLED)の採用です。

有機ELディスプレイといえばiPhoneにも搭載されているものですが、iPad Pro向けのものは通常よりも高くなるようです。韓国テックメディア「The Elec」によれば、このOLEDの価格は、既存の同じサイズのOLEDの2~3倍に達するという予想が出ているとのこと。

AppleとLGディスプレイ、サムスンディスプレイは来年発売予定のiPad用OLEDパネルの供給価格について、11インチモデルが270ドル(約3.7万円)、13インチモデルが350ドル(約4.7万円)台で議論を進行中であることが分かった。既存の10インチ台前半のIT製品OLEDパネルの供給価格は100~150ドル水準だ。

この部品価格の上昇をそのまま消費者価格に転嫁した場合、次世代iPad Proは少なくとも2万円以上値上がりすることに。テックメディア「Cult Of Mac」はこれについて、このアップグレードだけでは消費者に値上げを納得させることは難しいかもしれないと指摘しています。


とはいえ、他の部分もアップグレードされれば、この値上げを正当化できる可能性もあります。例えば、デザインの変更や画面の拡大、USB-Cポートの増設などです。また、このモデルではチップセットも最新のM3チップに置き換わるはずです。

実際にこれほどの値上げが行われるかはまだ不明ですが、有機ELディスプレイ搭載のiPad Proがほしい方は、ある程度の価格は覚悟しておいたほうがよいかもしれません。

「iPad Pro」をAmazonで見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事

目次