【無料】iPhoneのロック画面を〝カレンダー化〟できるアプリ

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

毎日使うiPhoneで一番最初に目につくロック画面。この重要な画面に毎日の予定を表示したり、一ヶ月分のカレンダーを表示する方法を解説します。

*Category:アプリ Apps

目次

iPhoneのロック画面にカレンダーを表示する方法


iPhoneのロック画面にアプリを表示する方法はいくつかありますが、今回解説するのは「ウィジェット」機能を使う方法と、壁紙を利用する方法です。

iPhoneの「カレンダー」アプリでウィジェットを設定

iOS 16では、ロック画面にウィジェットを追加する機能が搭載されています。iPhoneにデフォルトで搭載されている「カレンダー」アプリはこの機能に対応済みです。

ウィジェットを表示するにはまず、ロック画面を長押し。時計の下にある「ウィジェットを追加」をタップします。

すると「カレンダー」のウィジェットが表示されるので、タップするとロック画面に、3枚目の画像のような形で表示されます。

ただしこの機能では予定や今日の日付は表示できますが、月全体のカレンダーは表示されません。

カレンダー付き壁紙を作成できるiPhoneアプリ「てのひらカレンダー」


月全体のカレンダーをロック画面に表示したい場合に便利なのが、iPhoneアプリ「てのひらカレンダー」です。

アプリをインストールし、「壁紙」をタップ。すると、時計表示とカレンダーが表示されます。この時計表示はロック画面をイメージしたもので、壁紙には反映されません。

カレンダーの大きさや文字の色などは自由に設定することができます。

背景の画像を変えてみましょう。写真のマークをタップし、好きな写真を選ぶと、画像がカレンダーの後ろに表示されます。写真のサイズなどは自由に変更可能です。

壁紙が完成したら、「保存」をタップ。「写真」アプリから壁紙に設定すると、ロック画面にカレンダー付きの壁紙が表示されます。

他の作例はこんな感じ。自由度は非常に高いので、思いのままにおしゃれなカレンダー付き壁紙を作ることができますよ!

カレンダーは月ごとに自分で変更しなければいけませんが、毎月好きな壁紙に変えてみるというのも楽しみ方の1つです。「てのひらカレンダー」のインストールはこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

マックスむらいの最新ドッキリ動画

目次