【大切な人を失ってもいいの?】付き合ってから忘れちゃ“絶対ダメ”なこと5選

恋人と付き合って時間が経つと、ついつい付き合い始めの頃を忘れてしまいますよね。
なかには、恋人として忘れてはいけないことを、忘れてしまうこともあるでしょう。
忘れたままでいると、気持ちが冷める原因や別れの原因になってしまうかもしれません。
そうならないためにも、本記事では、付き合ってから忘れてはいけないことを5選ご紹介します!

恋愛占いアプリ「ウラーノ」を無料でダウンロードする!

目次

当たり前になってはいけない!感謝の気持ちは忘れずに

長く付き合っていて尽くしてもらっていると、尽くされるのが当たり前になっていませんか?
恋人が自分に尽くしてくれるのは、当たり前ではありません。
尽くされるのが当たり前だと思っていると、感謝の気持ちを忘れてしまうでしょう。
その状態が続くと、最悪、破局してしまうかもしれません。
恋人が尽くしてくれるのを当たり前だと思わず、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

感謝の気持ちを忘れないためにはどうすればいい?

感謝の気持ちを忘れないためにも、1日の終わりにその日のことを振り返るノートを作ることをおすすめします。
1日を振り返ると、「あ、そういえばこんなことをしてもらって助かったな」という感謝の気づきがあるでしょう。
感謝の気づきが毎日のようにあることで、感謝の気持ちを忘れなくなります。
もし、振り返りを通して感謝の気持ちに気づけたのなら、恋人にちゃんと伝えることも大切です。

いつも会う時はすっぴんじゃない?恥じらいは持っておこう

家で会うのが当たり前になると、常にすっぴんになっていませんか?
いつもすっぴんでいると、女としての魅力が欠けているように思われ、恋人も女として見てくれなくなってしまうでしょう。
また、女性だけでなく男性も、一緒にいる時に常にだらしがない格好をしていると「カッコよくない」と思われ、男として見てもらえなくなってしまうかもしれません。
素の自分を出すことは大切ですが、恥じらいを持ちつづけることも大切です。

演技でもいいから恥じらいを持っているふりをしよう

恥じらいは慣れでもあるので、忘れない努力というのも難しいでしょう。
なので、多少演技が入ってもいいので、恥じらいを忘れていないふりをすることが大切です。
そのためには、お風呂上がりに裸でうろつかない、お家デートでも化粧をするなどの自分ルールを作っておきましょう。
面倒かもしれませんが、いつまでも異性として意識させてくれる人に惹かれるものです。

自分の時間を忘れてない?自分の時間はちゃんと持とう

恋人と付き合っていると、次第に一緒にいることが当たり前だと思い、自分の時間を忘れていませんか?
恋人と一緒に過ごす時間は幸せではありますが、自分の時間を持つことも大切です。
自分の時間を持たなくなってしまうと、恋人に依存してしまうでしょう。
恋人に依存すると、相手にとって重い存在になるだけでなく、恋人に一喜一憂させられ振り回されてしまいます。
自分の時間を持つことは、恋人に依存しないためにもとても大切です。

自分の時間を取り戻すにはどうしたらいい?

恋人に時間を使っていた分、自分の時間を持てといわれても、何をすればいいかわからない人もいるでしょう。
そのような人は、恋人ができる前にどんなことをしていたか思い出してください。
もし、思い出せないようなら夢や趣味、自分磨きなど新たなことに関心を持ち、自分の時間を持つようにしてみましょう。
きっと恋人以外にも関心が広まり、忘れていた自分の時間を取り戻せるはずです。

恋人でも他人!距離感を忘れちゃダメ

長く付き合っていると次第に家族のような距離感になってしまいます。
ついつい距離感を忘れて、相手のプライベートに踏み込んでしまうこともあるでしょう。
ですが、例え恋人でも、プライベートに踏み込む権利はありません。
もし、恋人のプライベートに踏み込みすぎると、相手も不快に思ってしまうでしょう。
どんなに長い付き合いになっても、恋人と自分は違う人間なのだということを忘れずに、恋人と程よい距離感を保っておくことが大切です。

恋人とちょうどいい距離感を保つにはどうすればいい?

ついつい忘れてしまう恋人との距離感ですが、いい距離感を保つには、相手に与えらた分と同じ分だけ返すことが大切です。
発言や愛情などを相手よりも過度に返すと、おたがいに不満を持つ原因になってしまうでしょう。
過度に返す人は私ばかりと思い、受け取る側は重いと思ってしまいます。
過度に伝えたい気持ちはわかりますが、いい距離感を保つには与えられた分だけ返すのが鉄則です。

恋人に冷たくなってない?思いやりは大切です

長い付き合いだと、恋人を思いやる気持ちを忘れていませんか?
恋人を思いやる気持ちを忘れると、「こんな態度で接しても平気だ」と思い、冷たい態度をとってしまうこともあります。
そんな態度をとり続けていると、恋人の気持ちも冷めてしまい、別れを切り出されるかもしれません。
その時に慌てて謝っても、一度冷めた気持ちを元に戻すことは大変でしょう。
恋人と長く交際を続けるためには、相手を思いやる気持ちを忘れないことが大切です。

思いやりを忘れないためも記念日や誕生日などを大切にしよう

思いやりを忘れずに持ちつづけるためにも、記念日や誕生日など笑顔になれるようなイベントを楽しむことがおすすめです。
イベントはおたがいが居なければ成立しないので、おたがいの存在に感謝する日にもなります。
おたがいにいるのが当たり前にならず、常にいてくれることに感謝して、思いやりを忘れないようにしましょう。

長く付き合うためにも大切なことは忘れないようにしよう

付き合い続けるとついつい忘れてしまう大切なこと。
恋人とそれだけ一緒に時間を過ごしていることでもありますが、2人がいつまでも一緒にいるためには、忘れない努力が大切です。
本記事でお話しした、忘れてはいけないダメなこと5つを、今の自分は忘れていないか考えて見てください。
もし、忘れていると思うようなら、今からでも遅くはないので、忘れない努力をしましょう。

恋愛占いアプリ「ウラーノ」を無料でダウンロードする!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す