タイムマシーン3号が高級みそ汁作りにチャンレンジ! 値段は? 食材は? 完成までの様子を徹底紹介!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

タイムマシーン3号のYouTubeチャンネルは、オリジナリティ溢れる企画や人柄のよさが出ている笑いによって人気を集めています。今回公開されたのは、1杯1万円のなめこの味噌汁製作に挑戦! こだわり抜いた食材を使って美味しい味噌汁ができたのでしょうか。

この記事では、味噌汁を堪能するまでの様子やSNSの反応をご紹介します!ぜひ最後まで読んでください。


目次

タイムマシーン3号はなめこアンバサダー!

今回も車での移動から始まりました。人気上昇中のタイムマシーン3号は、仕事内容の幅も広がってきているといいます。今回は仕事を受けているようで、山本さんをアンバサダーと呼ぶ関さん。タイムマシーン3号で、ゲーム「みんなのなめこ」のアンバサダーに就任しました。

アンバサダーに就任したことで、なめこのゲームをめちゃくちゃやっているという山本さん。ハマりつづけて、ゲームに課金もしているほどなんだとか。ゲームの設定では15分に1回なめこが生えてくるとのこと。

関さんはアンバサダーに就任した山本さんにも、15分に1回なめこを食べてもらいたいといいます。本来の企画だったという「ピューロランドで手繋ぎデート」から「なめこを食べる動画」に急遽変更したようです。

なめこの味噌汁を作ろう

「なめこを食べよう」と題して、1番ポピュラーな「なめこの味噌汁」を山ちゃんクッキングで作ってもらうことになりました。なめこに関するアンバサダーとして、一度最高級のなめこの味噌汁を作ってみるといいます。

最高の一杯をつくるために、事前に材料を揃えていたという関さん。いいなめこだと紹介したのはパックで売られたなめこで、200円のワンランク上の品質なんだとか。さらに、味噌汁といえばのネギには540円の九条ネギを揃えました。

そのほかにも、なめこの味噌汁を極めるために味噌や水もこだわっていくようです。そして、最後に手に取ったかつお節は削られる前の状態。削り機を購入するべくカッパ橋へ向かっていました。

釜浅商店ふたたび!

以前にも中華包丁を購入した釜浅商店を訪れた2人。今回も店員さんに紹介してもらって、かつお節削り機を用意してもらいました。本格的な作りのかんなに興味津々の関さん。釜浅商店は、パリにも出店していて、一番売れているのがこし器なんだとか。

今回の調理のために、器具を購入した様子。購入していく場面はタイムマシーン3号のサブチャンネルで見られるようです。

しかし、釜浅商店で終わらないのがタイムマシーン3号。作った味噌汁を入れるためのお椀にもこだわりたいとの関さんの要望で、別のお店でお椀も購入しました。

高級なめこ味噌汁の調理開始!

買い物を終えて、調理を開始した2人。まずは主役のなめこの下処理から。一粒が大きいなめこの滑りを取り、続いては味噌汁の出汁を取っていきます。胸ポケットのあるエプロンも購入し、ポケットから鰹節を取り出す荒技を披露。

初めてのかつお節をした山本さんは、削る手応えに興奮している様子。感触は木を削っているようだといいます。削ったかつお節を見てみると、パックで売っているものよりも分厚く削られていました。

削られたかつお節を300円するという屋久島縄文水で出汁を取っていきます。決め手となる味噌は、蔵出し仙台味噌の釜神です。パリ店で売上1位を誇るパソワールアミソで味噌をといていきました。

高級なめこ味噌汁、実食!

出来上がったなめこの味噌汁を4000円するお椀によそって出来上がり!今回の味噌汁にかかった費用は11328円でした。九条ネギとかつお節の香りが立っているとのこと。味は出汁が効いていて美味しいとのこと。

関さんも最高級の味噌汁を堪能し、おかわりをするほどの美味しさだったようです。最後はなめこアンバサダーとして、「みんなのなめこ栽培キット」を紹介しました。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「道具買うときはブツブツ言ってるのに、いざ使うときになると目がキラキラする山本さん好き」「お金と労力かけて作ったなめこのお味噌汁をおじさん2人並んで飲んでるの微笑ましいし、ちゃっかりおかわりしてる関さんかわいい」といったコメントが寄せられました。

タイムマシーン3号それぞれのよさが全面に出ていて、好感を抱いたとの声が多くあがっているようです!

タイムマシーン3号の人気が高まっているような声も多くありました!

2人の宣伝によって、アプリをはじめた人再会した人など影響を受けている視聴者が多いようです。

高級なめこ味噌汁を堪能

最後まで読んでいただきありがとうございます!アンバサダーの役目を動画に落とし込んでも、企画の面白さや2人の掛け合いで最初から最後まで楽しめたという声が多くありました。プロモーション動画でも、スタンスが変わらない2人。信頼の高さからも、次回の動画が楽しみになりますね!

サムネイルは以下より:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次