iPhoneボロ負け。Google「Pixel 7a」のコスパが〝ぶっ壊れ〟といえる根拠

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Googleが新型スマホ「Pixel 7a」を発表しました。このモデルはPixelシリーズの廉価版に当たるモデルですが、安いながら「iPhone 14」にも匹敵するスペックに仕上がっています。


*Category:テクノロジー Technology *Source:Google ,Apple

目次

Google「Pixel 7a」と「iPhone 14」のスペック比較


「Pixel 7a」は「Pixel 7」の廉価版に当たるモデルで、金属製のカメラバーなど、デザインはかなり似通っています。チップセットも同じ「Tensor G2」を搭載。iPhoneに搭載されているAシリーズチップには劣りますが、ハイエンド級の性能はしっかり備えており、普段遣いではほぼ差が出ないレベルです。


前モデルから「Pixel 7a」で大きく進化したのは、ディスプレイとカメラです。「Pixel 6a」はやや古い12MPのカメラセンサーを搭載していましたが、「Pixel 7a」では64MP解像度のセンサーに変更されました。Googleは以前からソフトウェア補正で優れていましたが、ハード的に写真の精細さではiPhoneなどに劣っている印象でした。しかし今回カメラがアップグレードされたことにより、その差も大きく埋まりそうです。


「Pixel 7a」のカメラには夜景モードやリアルトーンの他、Google独自の消しゴムマジックなども搭載されており、AI補正機能ではiPhoneシリーズを一歩リードしている印象です。また、写真に深みを出す長時間露光も可能になりました。


ディスプレイサイズは6.1インチで、「iPhone 14」と同サイズです。ただし、「Pixel 7a」はベゼル幅がやや厚いなため、横幅は1mmほど大きめ。とはいえ、サイズ感はほぼ同じといっていいでしょう。


また、「Pixel 7a」のディスプレイのリフレッシュレートは90Hzと、「iPhone 14」を上回っています。iPhoneシリーズでは高リフレッシュレートが上位のProモデルに限定されており、通常モデルはいまだに60Hzのままです。

その他、バッテリーサイズに関しては、「iPhone 14」が3,279 mAhなのに対し「Pixel 7a」は4,385 mAhと圧倒的ですが、ソフトウェアやチップによってバッテリー駆動時間は大きく異なるため、実際にテストするまで実際にどちらが長持ちするかは不明。ただしGoogleは、スーパーバッテリー セーバーモードでは最大72時間持つとしています。

そして価格は「iPhone 14」が119,800円からなのに対し、「Pixel 7a」は62,700円とほぼ半額。このスペックで6万円台というのは〝ぶっ壊れ〟といえるコスパです。ちなみにアップデート保証もしっかり5年ついており、スマホを長く使いたいという方にもオススメできるモデルです。

Google Pixel 7a

(↑)画像をタップ/クリックするとリンク先ページへ移動します


◆ 関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事

目次