「アイスカフェラテ」コスパ最強は? セブン・ファミマ・ローソン徹底比較!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

気軽に購入できて、本格的な味が楽しめるコンビニの淹れたてコーヒー。ブレイクしたいときや、外出のついでに買っちゃうという人も多いはず。今回はコンビニ3社の「アイスカフェラテ」を飲み比べてみました。

目次

コンビニ3社! 「アイスカフェラテ」を徹底比較


冷たいドリンクが美味しい季節になりましたね。気軽に購入できて、本格的な味が楽しめるコンビニの淹れたてコーヒー。ブレイクしたいときや、外出のついでに買っちゃうという人も多いはず。今回はコンビニ3社の「アイスカフェラテ」を飲み比べてみました。

3社の「アイスカフェラテ」が集合!

左からセブンの「7カフェ アイスカフェラテ」、ファミマの「ファミマカフェ アイスカフェラテ」、ローソンの「マチカフェ アイスカフェラテ」です。いずれも一番小さいサイズを購入しています。


セブン−イレブン「7カフェ アイスカフェラテ」

お店で淹れてみた

セブンのアイスカフェラテはRとLの2サイズがあります。購入する場合、冷凍ケースで好きなサイズのアイスカフェラテ専用氷入りカップを選び、レジで精算する流れになっています。


コーヒーを引き立てる純度の高い氷が使用されています。エッジがとれて丸い印象。透明度の高さがわかりますね。


購入したカップのシールをはがして、マシンにセットしてから、アイスラテRを選択し抽出します。濃さは選べません。


エスプレッソ方式で抽出直後のアイスラテ。


泡立っています。しっかりフタをして帰宅します。


カップと付属品

透明のカップです。ここには写っていませんが。フタはストローで飲むタイプではなく直接飲むタイプのみです。ガムシロップは通常のシロップとOkcalシロップの2つが用意されています。


お味は?

あら、キリッと冷えているのにミルクの甘い香りの中にコーヒーの芳醇な香りが漂ってきます。しかも、スッキリしていて飲みやすいっ。バランスの良いお味で安心してゴクゴク飲めます。


ファミリーマート「ファミカフェ アイスカフェラテ」

お店で淹れてみた

ファミマには、M、Lの2サイズがあります。冷凍ケースで好きなサイズのアイスカフェラテ用氷入りカップを選び、レジで精算するスタイルです。


純度の高い氷が使用されています。氷がゴツゴツしています。


濃さは選べません。アイスカフェラテMをプッシュします。


わーお、クリーミー。ミルクの分量が多そう。


やはりミルクの量がたっぷり。


カップと付属品

プラカップに、ガムシロップ。白のロゴがラテに馴染んでいます。フタはストローで飲むタイプと直接飲むタイプがあり、お店で選べます。


お味は?

口に含んだ印象は、クリーミーでなめらか。ミルク本来の甘さが感じられますが、その中にコーヒーの旨みも感じられます。コクがあっておいしい。


ローソン「マチカフェ アイスカフェラテ」

お店で淹れてみた

ローソンは、M、メガの2サイズ展開で、レジの方に好みのサイズをオーダーするスタイルです。精算後、お店の方がレジ奥から氷入りのカップを出してくれます。

えっ、プラカップ!?

以前、ローソンでアイスコーヒーを比較した際は、カップは紙製でマリンバージョンだったのですが、こちらのお店ではプラカップのようです。調べてみたところ、通常は紙カップで、一部店舗でプラカップ対応のようです。ということはレアケース?


クラッシュアイスがどっさり入ってました。


アイスコーヒーを選びます。


その後に、アイスカフェラテを選択する二段階方式。


ミルクとコーヒーが混ざっていない淹れたて。マーブル模様がきれい♪


あわあわあわ〜。とにかく泡がすごい。


カップと付属品

自宅につく頃には、コーヒーとミルクが一体化していました。私が訪れたローソンにはストロータイプのフタしかありませんでした。カップにはロゴもなくいたってシンプル。そして、Mサイズなのにとびきりデカイ。


お味は?

ミルクの味わいの中に、エスプレッソのほろ苦さがあっていい感じです。ただ氷が多いので放置していると水っぽくなってしまうのが残念。個人的には抽出直後に飲み干したいです


計測してみた

肝心のカフェラテの量についてですが、公式サイトに量の表記がなかったので手元の計りで計測してみました。
※計測した数字からカップの重さを引いています。

セブン
・R 251g・L 336g

ファミリーマート
・M 326g・L 424g

ローソン
・M 326g・メガ 652g


まとめ

さて、コスパ最強はどのコンビニでしょうか。
アイスコーヒーはサイズ展開がそれぞれなのですが、アイスカフェラテは全社2サイズで足並みが揃っています。まあ、サイズ2種といってもローソンはMとメガなんですけどね。でもメガはMサイズ220円の2倍の量が入っているのに360円なんです。というわけで、コスパ最強はローソンのメガ!です。ゴクゴクいけちゃうので、会議や暑い日は活躍してくれますよ。

さて、お得といえばファミマではアイスコーヒーとアイスラテが同サイズで同じ価格なんですよね。通常はラテのほうが高いイメージなんですが、それを覆してくれたのである意味お得!だと思います。

セブン−イレブン「7カフェ アイスカフェラテ」

氷が溶けたあとも、しっかりコーヒーの味が感じられたのはセブンのラテ。他社よりコーヒーの比率が高いのかもしれません。若干量が少ないので残念ですが、3社で唯一カロリーゼロのガムシロップが設置してあるのが嬉しいです。

ファミリーマート「ファミマカフェ アイスカフェラテ」

ファミマのアイスコーヒーは世界一のバリスタ粕谷哲氏との共同開発により、最近リニューアルしているんですよね。なめらかな味の秘密は生乳100%使用にあるよう。コーヒー牛乳的に飲めちゃいます。ミルク好きの方におすすめの一杯です。

ローソン「マチカフェ アイスコーヒー」

ローソンは泡立ちもコーヒーの香りもよくて、抽出直後に飲むのがベストです。大容量なメガサイズがあってお得なんですよね。とにかくグビグビ飲みたいというときや、長時間の作業なんて時にはローソンのメガがイチオシです。5月16日から「アイスマイルドエスプレッソラテ」が新発売されるそうなので、そちらも楽しみです。

                

セブン-イレブン ファミリーマート ローソン
商品名 7カフェ
アイスカフェラテ
ファミマカフェ
アイスカフェラテ
マチカフェ
アイスカフェラテ
サイズ R・L M・L M・メガ
R 251g
L 336g
M 326g
L 424g
M 326g
メガ 652g
価格 R 220円(税込)
L 290円(税込)
M 210円(税込)
L 290円(税込)
M 220円(税込)
メガ 360円(税込)
カロリー R 69kcal
L 105kcal
M 47.4kcal
L 61.5kcal
M 84kcal
メガ 168kcal

※量はAppBank調べ(氷を含む)
※個人の感想を含みます。同じコンビニでも地域やお店によって違いがあるので、実際はお店で確かめてくださいね。

公式サイト:セブン-イレブン|7カフェ
公式サイト:ファミリーマート|コーヒー・フラッペ
公式サイト:ローソン|コーヒー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次