色覚異常を治す〝毒キノコ〟を研究者が発見

幻覚をもたらす毒キノコであるシロシビン・マッシュルーム(別名「マジックマッシュルーム」)。なんとこの毒キノコが色覚異常に対して不思議な効果を発揮するという研究結果が発表されています。

*Category:サイエンス Science *Source:sciencealert,Reddit,wikipedia

マジックマッシュルームで色覚異常が改善された例が報告される


米国の35歳の若い男性研究者が、幻覚剤の服用後に赤と緑の色の区別がつきやすくなったと主張しました。精神作用物質シロシビンを含むマジックマッシュルームを摂取した後、一般的な自己診断テストによって、1週間の間に軽度の色覚異常が改善されたというのです。

この事例は、神経学者と行動心理学者のチームである彼の同僚が書いたものですが、データは被験者本人の発案で集められました。石原式検査と呼ばれる色覚テストを自己実施した後、被験者はシロシビンの摂取量が比較的多いとされる乾燥キノコを5グラム摂取しました。その後、4ヵ月間、定期的に石原式検査を受けました。

このテストは、赤い点の背景に緑色の点で構成された数字が埋め込まれたカード、またはその逆の配列のカードで構成されています。色覚異常は通常、X染色体の遺伝的欠陥に起因しており、特定の色を識別する目の色素が失われます。赤緑色覚異常の場合、オプシン色素に異常があるため、赤と緑が混ざり合って見えます。そのため石原式検査で使用するカードに書かれた数字が、見えにくくなってしまいます。


キノコを食べる前の石原式検査は14点で、軽度の赤緑色覚異常でした。キノコを摂取した12時間後には、1点しか改善されていませんでした。しかし、その翌日には、「正常色覚」の基準値を超える18点を獲得しました。8日目には19点まで上昇しました。

投与から4ヵ月後、スコアはわずかに下がったものの、正常な視力の範囲に収まっていました。しかし著者は、被験者が16日目以降に他の幻覚剤を摂取していたことを認めており、これが結果を複雑なものにしています。

このケーススタディは厳密ではありません。さらにこれらの物質は米国ではスケジュール1の薬物に指定されているため、臨床研究は極めて限定的です。しかし被験者は過去に、幻覚剤の使用後数ヶ月間、赤と緑の知覚が向上することに気づきました。そして、自分の目を「信じる」ことができるかどうか、自分の目をテストにかけ調べることにしたのです。


2020年、世界薬物調査の研究者は、LSDやシロシビンの摂取後に色覚異常が改善したという報告を47件集めたと発表しました。その後、新たな研究結果が発表されその謎に再び注目が集まっています。この研究結果は、マジックマッシュルームが色覚異常の人の色覚を改善する可能性を示唆しています。しかも、その改善効果は、摂取後数週間、いや数ヵ月続く可能性があるというのです。世界的な調査の結果、その効果は数年続くとする報告もあります。

アメリカの掲示板型ソーシャルニュースサイトRedditへの最近の投稿では、短期間とはいえ、特に極端な色覚異常の「治療法」が紹介されています。

キノコは私の友人の色覚異常を治しました

重度の脳震盪を起こし、灰色がかった色しか見えなくなった人が、キノコを摂取したところ、突然、色が見えるようになったと主張している。


— 出典:Reddit

その4日後、別の投稿では、回復した色覚が明らかに衰え始めたと発表しています。


科学的な検証をしない限り、これらの報告が本当に正しいかどうかはわかりません。より多くの証拠がなければ疑われるのは当然です。しかし、シロシビンが色彩感覚を大きく変化させることは認められるのではないでしょうか。

この薬物は、視覚経路のうち、目をはるかに超えたところにある処理領域の活動を誘発するとのこと。つまり、マジックマッシュルームを食べることで、目で感じることのできない色を、心で見るように仕向けることができるかもしれないのです。この研究が進めば、目の障害や病気を持つ人の視力を改善する新しい方法が見つかるかもしれません。ただし、これはあくまで研究段階であり、日本では食用は違法なため、絶対に試さないでください。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す