【ファミマ】フラッペ史上 復活を望む声No.1「アフタヌーンティー ロイヤルミルクティーフラッペ」が5/23復活!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

全国のファミリーマートで、「Afternoon Tea」が監修した「アフタヌーンティー ロイヤルミルクティーフラッペ」と、「紅茶のティラミス」、「生カヌレケーキ(紅茶)」、「ファミマル ピーチ香るルイボスティー」が、5月23日(火)から順次発売されます。

目次

アフタヌーンティー監修スイーツ&ドリンク登場


全国のファミリーマート約16,500店で、「Afternoon Tea」が監修した「アフタヌーンティー ロイヤルミルクティーフラッペ」と、「紅茶のティラミス」、「生カヌレケーキ(紅茶)」、「ファミマル ピーチ香るルイボスティー」が、2023年5月23日(火)から順次発売されます。

フラッペ史上復活を望む声No.1※!2021年の大人気フレーバーが復活!

「アフタヌーンティー ロイヤルミルクティーフラッペ」は、1981年の誕生以来、紅茶に親しむたくさんの方から高い支持を得ている紅茶ブランド「Afternoon Tea」監修のもと、本格的なミルクティーフレーバーに仕上げたフラッペです。

本格的なミルクティーの味わいを再現するため、ミルクティーと相性の良い「アッサム」と上品な渋みのある「ケニア」の2種類の茶葉を使い、さらに細かく粉砕した紅茶茶葉を合わせています。濃厚なミルクの中に香り高い紅茶を感じられる味わいとなっています。また、紅茶味のクッキーを入れたことで、サクサクとした食感も楽しめる一品です。

「アフタヌーンティー ロイヤルミルクティーフラッペ」は、2021年8月に期間限定で販売され大好評でした。その後、フラッペ史上最も多くの再販の要望があったため、今回発売されることになりました。「ストロベリーフラッペ」、「カフェフラッペ」と同様、数量限定ではなく、年間通じて楽しめます。
※2014年のフラッペ販売開始以降、ファミリーマートのお客様相談室に寄せられた「復活を望むコメント」の数を集計

【商品名】アフタヌーンティー ロイヤルミルクティーフラッペ
【価格】325円(税込350円)
【発売日】2023年5月23日(火)
【発売地域】全国


ティータイムにおすすめのスイーツ2種類も同時発売

「アフタヌーンティー ロイヤルミルクティーフラッペ」の発売に合わせ、「Afternoon Tea」監修のスイーツ2種類も発売されます。

「紅茶のティラミス」は、2021年11月に発売した同商品を改良しています。香り豊かな紅茶シロップをたっぷり染み込ませた紅茶スポンジとなめらかなティラミスムースを層にし、新たにアプリコットソースも挟んでいます。

【商品名】紅茶のティラミス
【価格】306円(税込330円)
【発売日】2023年5月23日(火)
【発売地域】全国


「生カヌレケーキ(紅茶)」は、2022年5月に販売を開始し、累計940万個を売り上げている「生カヌレケーキ」の新作です。外は「カリッと」、中は「もちっと」食感のカヌレ生地をリング型に焼き上げ、紅茶チョコと紅茶クリ-ムをトッピングしています。

【商品名】生カヌレケーキ(紅茶)
【価格】176円(税込190円)
【発売日】2023年5月23日(火)
【発売地域】全国(沖縄県を除く)


好評につき「Afternoon Tea」監修のフレーバーティー第3弾を発売!

ファミリーマートは、2022年6月に「Afternoon Tea」監修の無糖フレーバーティー第1弾として「ファミマル シャルドネ香るストレートティー」、2023年1月に第2弾として「ファミマル オレンジ香るアールグレイティー」を発売し好評でした。このたび、第3弾として「ファミマル ピーチ香るルイボスティー」が2023年5月30日(火)より発売されます。

【商品名】ファミマル ピーチ香るルイボスティー
【価格】100円(税込108円)
【発売日】2023年5月30日(火)
【発売地域】全国


※画像はイメージです。
※軽減税率対象商品につき、税込価格は消費税8%にて表示されています。
※店舗によって取扱いのない場合があります。

公式サイト:ファミリーマート

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事

目次