【愛され体型】〝ぽっちゃり女子〟の可愛さが爆発する映画、見てみたいよね?! おすすめはコレです。

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

理想の体型というのは人それぞれですが、ぽっちゃりした女性特有の愛らしさってありますよね。マシュマロ女子なんて言われたりもしますが、ふわふわとした雰囲気が男女両方から愛される。そんなぽっちゃり女子が活躍する映画を見て、元気を分けてもらいましょう!

目次

目次

1:溢れる自信が全てを変える! 『アイフィールプリティ! 人生最高のハプニング』

2018年公開。

ぽっちゃり体型を理由に仕事も恋愛も諦めていた女性が、とあるハプニングから人生が一転するコメディ映画。何よりも大切なのは、自信を持つ事だと教えてくれる1作です!

1:モデル体型じゃないとダメ?

主人公のレネーは、いわゆるマシュマロ体型の持ち主。

好きでそうなったわけでは無く、彼女自身もそれをコンプレックスに感じています。男は皆スリムなボディが好きだから、私なんて相手にされない、と決めつけたり、憧れの受付嬢の仕事にも応募できずにいました。

コンビニでお菓子を爆買いしたら店員に鼻で笑われ、アパレルショップでは「あなたのサイズは無い」と言われ、もう散々!

レネー役のエイミー・シューマーさん。彼女の演技や愛らしいキャラクターは、見ているだけで元気がもらえます。

2:ホットな美女に大変身!?

このままではダメだ、と決意したレネーは、憧れのモデル体型を手に入れるためにジム通いを始めます。

周りを見渡せば、そこには既にスリムな女性ばっかり。尻込みしながらもエアロバイクに跨り、必死で漕ぎ出すレネー。

しかし彼女の重さに耐えかねたマシンが壊れ、その衝撃でレネーは頭から床に落下! そのまま気を失ってしまいます。

これが壊れるって相当な重さ。

目が覚めたレネーは、鏡に映る自分を見て驚きます。

なんとそこには、スタイル抜群の美女の姿が! 「これが私なの!?」と狂喜乱舞のレネー。もちろんそんな魔法のような事は無く、ただ彼女が幻覚を見ているだけ。

しかしレネーは自分を究極のモデル体型だと思い込み、自信満々に生きる事で、恋に仕事も大成功するのでした

3:口癖は「私は綺麗」

すっかり自信を付けたレネーは、ぽっちゃり体型には向かない、という理由で諦めていた受付嬢の仕事に応募。

面接に来た彼女を見て、「あなたはちょっと……」とやんわり断られますが、「そうですよね。私みたいなサイコーに綺麗な女、受付嬢にはもったいないですよね」と言ってのけ、社長に気に入られます。

それからも事あるごとに、「私は綺麗」と口に出し、自信を高めるレネーでした。

4:皆が愛したのはレネーの中身

美しい見た目(幻覚)のおかげで皆の人気者になれたと思い込むレネー。

でも実際はそうではありません。そもそも周りからすれば、彼女の見た目は以前と変わらずぽっちゃりのまま。皆が愛したのは、レネーの前向きで明るい人間性でした。

その事実にレネーは気が付く事ができるのでしょうか?

2:ビッグサイズのガールフレンド『愛しのローズマリー』

2001年公開。

女性を見た目だけで判断する男が、「心の綺麗な女性ほど美人に見える」という催眠術をかけられるラブコメディ。

1:ひどすぎる父の遺言

主人公のハルは、女性の顔とスタイルを上から目線で評価する嫌な男。

しかし彼がこうなったのには訳があります。それはハルの父が息絶える直前、「セクシーな女がこの世の全てだ。決して妥協するな」という旨の言葉を残したからです。

それがトラウマになり、ハルはスタイル抜群の美女しか恋愛対象にならなくなりました。

ハル役のジャック・ブラックさん。今話題のマリオでも、クッパ役として出演しています。

2:催眠術の効果で人生が一変!

偶然出会ったセラピストにより、催眠術にかけられるハル。

途端に彼には、女性の心の美しさが目に見えるようになりました! つまり実際の見た目がどんなものであれ、心さえ美しければ、相手の女性はたちまち絶世の美女に映ってしまうわけです。

テンションが上がってあちこちの女性に絡みに行くハル。そんな彼を、周囲の人間は「なんかあいつ、急に女のハードル下がってね?」と訝るのです。

3:愛しのローズマリー

ハルは一人の女性に恋をします。その相手、ローズマリーは、体重100キロ超えの超絶肥満体型! 

しかし催眠術にかけられたハルには、スリムでセクシーな美女に見えているのでした。

すぐに交際を始めた2人。「俺の彼女、サイコーだろ?」と会社の同僚にローズマリーを紹介しますが、「なんだこの巨大な女は!」とドン引きされてしまいます。しかしいくら周りが言い聞かせても、ハルの催眠術は解けません。

ローズマリー役のグウィネス・パルトローさん。ご本人はスリムな体型ですが、特殊メイクの力で膨れ上がり、1人2役を演じています。

ローズマリーの体重がいかに重たいか伝わるシーン。レストランの椅子が折れ曲がってしまい、「この店はどうなってるんだ!」と理不尽にキレ散らかすハルでした。

4:何が本当の幸せか?

ハルの目に映る世界は完全な虚構です。

でもそのおかげで、ローズマリーは恋を知り、ハル自身も変わっていきました。彼の知人は催眠を解こうとしますが、現実を見せる事が本当に正しいのでしょうか? ハルとローズマリーの恋の行方は?

コンプレックスは自信で補える!

女性のスタイルに正解はありません。激しいトレーニングで引き締まったボディも素敵ですし、安心感のあるマシュマロボディも愛されます。

もしも自分の見た目にコンプレックスがあっても、それ以上に自信を持てる何かがあれば人生は輝ける! 今回紹介した映画からはそんなメッセージを感じます。

皆さんも自分の誇れる武器を見つけて、人生をより豊かにしていきませんか?

よかったらシェアしてね!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事