iPhoneを圧倒するGoogle「Pixel 8」のカメラ劇的進化

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

今年登場する見込みのGoogle「Pixel 8」シリーズの詳細なカメラスペックについて、 Android専門メディア「Android Authority」がリークしています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:Android Authority ,The Verge ,mysmartprice

Google「Pixel 8 Pro」はメイン・超広角カメラともに大幅強化


「Pixel 7」と「7 Pro」はメインカメラは同じで、超広角カメラと光学5倍ズーム付きの望遠レンズが差別化のポイントとなっています。「Pixel 8」と「8 Pro」でも、Proモデルにハード面で優位性を与えるという傾向は続くと見られています。

「Android Authority」によれば、「Pixel 8」シリーズに搭載されるカメラセンサーは「Pixel 7」シリーズで使用されたものよりもさらに大きなセンサーになるとのこと。より多くの光を取り込むことが可能となり、低照度下での撮影性能の向上が予想されています。

エクスクルーシブです:これがGoogle Pixel 8シリーズのリークされたカメラのスペックだ


今年のカメラハードウェアの主なアップグレードは、Pixel 8の両モデルに搭載されるもので、Samsung ISOCELL GN1センサーがISOCELL GN2へと変更されます。まず、センサーが大きくなり、前モデルよりも約35%多く光を取り込むことで、より明るい低照度画像と、より速いシャッタースピードによるブレの軽減が期待できます。


— 出典:Android Authority

さらに注目すべきは超広角カメラの進化です。「Pixel 8 Pro」の超広角カメラは、ソニーの6400万画素IMX787センサーにアップグレードされているとのこと。これは「Pixel 7a」のメインカメラと同じもので、より精細な写真撮影を可能になることが期待できます。

「Pixel 8」の進化は控えめですが、Googleは超広角レンズの視野角を0.67倍から0.55倍に広げ、「Pixel 7 Pro」と同等まで引きあげているとのこと。なお、「Pixel 8 Pro」の望遠カメラは引き続き光学5倍ズームが可能な4800万画素のサムスン製システムになるようです。

Google Pixel 8 Proは、ウルトラワイドカメラにも待望のアップグレードが施されています。12MPのSony IMX386は、Pixel 7aに搭載されたプライマリーカメラと同じ64MPのSony IMX787に置き換えられています。このセンサーは、Pixel 7aに搭載されているプライマリーカメラと同じもので、サイズはほぼ2倍で、ウルトラワイドカメラの画質を大幅に向上させるはずです。また、Googleはレンズの幅も若干広くしています。正確な視野角(FoV)はわかりませんが、ズーム比0.56倍から0.49倍にアップしています。


— 出典:Android Authority

「Android Authority」はその他、以前リークされたStaggered HDRのサポートを改めて強調しています。


このカメラ進化は、ソフトウェア面で勝負していたGoogle PixelシリーズがついにiPhoneのカメラスペックをハード面でも追い抜きつつあることを示唆するものです。同価格帯の無印iPhoneに対しては完全にカメラスペックで勝っており、ProモデルのGN2+IMX787+5倍望遠という構成は、次世代iPhoneの最上位モデルにも劣らないものとなるはずです。

またテックメディア「The Verge」は、Googleの強みはソフトウェア面であることを再度強調しています。「消しゴムマジック」などのAIベースの編集機能はPixelシリーズを代表する機能となっており、Googleは今年もこれらの機能を強化してくるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次