ノイキャン超えた。「AirPods Pro」に追加される〝革新的〟機能

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

今秋に予定されている大型アップデートで「AirPods Pro 2」に追加される新機能を、テックメディア「9to5Mac」がまとめています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,Apple

「AirPods Pro」を大幅進化させる新機能5つ


「AirPods Pro 2」が発表されたのは昨年秋ですが、WWDC23ではこのモデルにさらなる新機能が追加されることが発表されています。主な新機能は以下の5杖です。

革新的機能「アダプティブオーディオ」

「AirPods Pro 2」には現在、騒音を消す「ノイズキャンセリング」と外音を取り入れる「トランスペアレンシー」、そして「オフ」の3つのモードがあります。

アップデートではこれらのモードに加え、「アダプティブモード」が登場します。Appleによればこのモードは「ユーザーの環境の状況に応じて、トランスペアレンシーとアクティブノイズキャンセリングを動的にブレンドし、その場で最高の体験を提供する」とのこと。

「9to5Mac」は、オーディオの再生音は一貫しているため、モード切り替えに気づかないほどだと述べています。このモードがあれば他のモードはいらないかもしれませんね。

その他の新機能4つ


「会話認識」をオンにして話すと、「AirPods Pro 2」は自動的に音量を下げ、目の前で話している人の声を強調します。さらにこの機能は、背後のバックグラウンドノイズを積極的に低減するとのこと。

「ミュートとアンミュート」は、アダプティブ・オーディオや会話認識機能ほどの画期的ではありませんが、通話中には便利な機能です。アップデートによって、AirPodsでの通話中にステムを押すと、簡単にミュートができ、もう一度押すと、ミュートが解除されます。


「パーソナライズド・ボリューム」は、機械学習による新機能で、AirPodsに「環境条件やリスニングの好みを時間をかけて理解し、メディア体験を自動的に微調整する」新機能です。

「自動切替」の強化も行われます。この機能はAppleデバイス間の移動のためのですが、アップデートにより「ユーザーのAppleデバイス間の接続時間が大幅に速くなり、信頼性が向上する」とAppleは発表しています。

これらの5つの新機能は、今年後半のアップデートで追加される見込みです。アップデートでこうした新機能の追加によって進化していくというのも、他にはないAirPodsの強みといえるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次