楽天モバイル「5G通信」が繋がらない…4G・sub6・ミリ波を比較検証

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

楽天モバイルは4G以外に次世代通信である「5G」を提供しています。そこで、楽天モバイルの5Gを実際に利用し通信速度などを測定してきました。5Gの使用感について解説します。


*Category:テクノロジー Technology *Source:カオナシガジェット,楽天モバイル

楽天モバイルの5Gの使用感とは?


まず、5G通信について解説をします。5GにはSub6(n77)とミリ波(n257)と呼ばれる2つの電波があります。Sub6はミリ波に比べると通信範囲が広いですが、通信速度はミリ波に劣ります。一方、ミリ波は通信範囲が狭いですが、通信速度はSub6よりも速いです。

そして、楽天モバイルのエリアマップを確認すれば、どこで4G・Sub6・ミリ波を利用できるか確認できます。


エリアマップの情報に従って、5Gエリア周辺を探索していると早速、5Gを受信することに成功しました。専用アプリで電波の種類を確認したところSub6(n77)であることが分かりました。


通信速度を測定すると、ダウンロードが670Mbps、アップロードが62.9Mbpsという結果になりました。


ちなみに、同じ場所で4G通信の速度を測定すると、ダウンロードが25.2Mbps、アップロードが41.7Mbpsでした。電波の種類が違うだけでココまでの差が発生することに驚きです。

そして、調査を続けているとミリ波(n257)の受信にも成功しました。


しかし、ミリ波を安定して受信することができず、通信速度を測定することはできませんでした。(すぐにSub6や4Gに切り替わってしまいました)

今回の検証で分かったことは、5Gに接続できれば高速通信ができるものの接続精度に問題があるということです。ミリ波が対象の場所であっても実際に接続して通信することは至難の業であり、sub6もミリ波と比べれば繋がりやすいですが高頻度で4Gに切り替わってしまいました。

実際、楽天モバイルユーザーに「普段、利用している回線は?」と聞いてみたところ92%が4G通信を利用していました。まだ、楽天モバイルの5Gは快適に使えるワケではなさそうです。


YouTubeチャンネル「カオナシガジェット」では通信速度の検証や、通信会社のお得なキャンペーンを解説しています。お得にかつ快適に通信会社を契約したいと思っている方は是非チャンネル登録をよろしくお願いします。

◆ 関連記事

Amazonで「Anker モバイルバッテリー」を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次