25万円超のGoogle「Pixel Fold」耐久テストで〝意外な弱点〟判明

Google初の折りたたみスマホ「Pixel Fold」を、スマホの耐久テストを専門とするYouTubeチャンネル「JerryRigEverything」がレビューしています。


*Category:テクノロジー Technology *Source:JerryRigEverything ,9to5Google

Google「Pixel Fold」の耐久性テスト


テストでは、まず画面の傷つきやすさが測られています。サブ画面のモース硬度(鉱物に対する硬さ)は6〜7で、一般的なスマートフォンとほとんど代わりありません。


しかし折りたたみのメイン画面側は、「2」の時点で傷がつき、爪でも跡がのこりました。「Pixel Fold」は折りたためる極薄ガラス「UTG」を採用していますが、その上にはプラスチックのフィルムが貼られており、この部分が傷ついてしまうようです。


側面はアルミ製で、カッターなどで削ると傷がつきます。


耐火テストでは、サブ画面には白い跡が付くだけだったものの、メイン画面に火を当てたところ、なんと端末がシャットダウンする事態に。その後起動すると「端末が熱すぎたため電源が切れた」という警告が表示されています。熱によって電源が切れるケースは初めてです。


砂をかけるテストはクリア。「Pixel Fold」はIPX8の防塵性能をもっています。


そして最後に折り曲げテスト。「Pixel Fold」のメイン画面に折りたたむ方向とは逆方向に力を入れると、そのまま折れ曲がってしまいました。


折りたたみスマホの脆弱な部分といえばヒンジですが、Googleは「Pixel Fold」の折りたたみヒンジについて「最も耐久性がある」としています。しかし壊れ方をよく見ると、ヒンジは無事で、意外なことにフレームのほうがアンテナラインを起点に折れ曲がってしまっていることが分かります。




テックメディア「9to5Google」はこれについて「実際の使用では起こらない可能性が高い破壊」ということを前提におきつつも「サムスンや他の折りたたみ式ブランドはこの同じテストを見事にパスしている」と指摘しています。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す