Twitterが「Threadsのリンク付き投稿」をひそかに制限、回避方法はコレ

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

Twitterが、急上昇中のライバルである「Threads」のリンクを含む投稿の表示を、ひそかに制限しているという報告が登場しています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:Threads ,The Verge(1) ,(2)

Threadsへのリンク付きツイートが検索結果に表示されないとの報告


今回の問題は、一部のTwitterユーザーが「Threadsにリンクしているツイートの検索をブロックしている」とThreadsにて共有したことから発覚しました。

Twitterは、ThreadsのURLの投稿を(今のところ)許可しているにもかかわらず、Threadsにリンクしているツイートの検索を選択的にブロックしている。


— 出典:Threads

この現象は米大手テックメディア「The Verge」も確認しており、Twitterで特定のURLへのリンクを検索するために使用する「url:」を使うと検索結果がゼロになると指摘しています。

Twitterでスレッドのリンクを検索しようとすると、奇妙なことが起こる。

この問題は、通常、特定のURLへのリンクを検索するために使用される「url:」検索演算子を使用したときに最初に気づいた。たとえば、Twitterで「url:theverge.com」と検索すると、URLが短縮されているかどうかにかかわらず、The Vergeのあらゆるページにリンクしているツイートがすべて表示される。しかし、「url:threads.net」を検索すると、そのドメインにリンクしているツイートがたくさんあるにもかかわらず、検索結果はゼロになる。


— 出典:The Verge

実際に「url:threads.net」とTwitterで調べると、検索結果には何も表示されません。


とはいえ、この制限を回避する方法は簡単です。「The Verge」も指摘するように、「threads」と「.net」の間にスペースを入れると、検索結果が大量に出てきました。ただし、これですべてのリンク付きツイートが表示されているのかは分かりません。


これが意図的なものかは不明ですが、Twitterがプラットフォーム上で他のサービスを制限したのはこれが初めてではありません。以前には、ブログサービス「Substack」がTwitterに似た機能をリリースした際には、ユーザーはSubstackのURLを含むツイートに「いいね!」を押したり、返信したり、リツイートしたりすることができなくなり、TwitterはSubstackのリンクを「安全でないもの」としてマークするなどの妨害を行いました。

また、Twitter代替SNS「マストドン」については、同サービスのTwitterアカウントをバンし、マストドンへのリンクを投稿禁止にしたこともあります。

Twitterはこの件について声明を出しておらず、このブロックがいつから始まっていたのかは不明です。とはいえこれが意図的なものだとすれば、少なくともTwiiterがThreadsをかなり警戒していることは間違いないでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次