iPhoneの「USB-Cポート」搭載はいつから?Lightning廃止の理由や違いを徹底解説

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

USB-Cポートを搭載したiPhoneは何年も前から噂されてきましたが、結局実現することはありませんでした。しかし最近のリークや報道では、近々iPhoneのLightningポートがついに廃止され、USB-Cポートに置き換わることが確実視されています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,@mingchikuo ,Bloomberg

USB-C搭載iPhoneが登場する理由


AppleがiPhoneへのUSB-C搭載を進める大きな理由の1つが、EUの法規制とLightningポートの古さです。AppleがLightningを廃止せざるを得なくなった理由と、iPhoneへのUSB-C搭載について、Apple専門のテックメディア「9to5Mac」がまとめています。

USB-C搭載iPhoneが出る根拠:EUの規制

EUは「共通充電ポート」規格について正式に合意に達しました。2024年以降、EU27カ国で販売されるすべてのスマートフォンは、充電にUSB-Cを使用することが義務付けられます。これにはiPhoneはもちろん、AirPodsのような周辺アクセサリーも含まれています。

Appleはこの法案に「イノベーションを阻害し、実際に環境廃棄物の増加につながる」と反発しましたが、この法律は正式に可決され、2022年12月27日に施行されました。この規制により、Appleは2024年12月28日までにiPhoneにUSB-Cを搭載しなければならなくなったのです。


Appleのマーケティング担当重役グレッグ・ジョズウィアックはインタビューの中で、EUの法規制に「従わざるを得ない」と語っており、USB-Cを搭載したiPhoneが早晩登場することは事実上確定的です。Appleは規制上は2024年末までLigningポートを搭載し続けられますが、それよりも早く対応すると予想されています。

Lightning廃止の理由:充電・転送速度が遅すぎる

2012年のiPhone 5で初めて発表されたとき、Appleのフィル・シラー氏は「次の10年のための最新のコネクター」とアピールしました。現在、その発表からはすでに10年が経っており、充電速度やデータ転送速度などでLigningがUSB-Cに遅れをとっているのは明らかです。

Lightningポートは未だにUSB2.0規格で、転送速度は最大480Mbps。対して、MacBookなどに搭載されているUSB-Cポート(Thunderbolt 3)は最大40Gbsとケタ違いです。

USB-C搭載iPhoneが出るのはいつ?

著名アナリストのミンチー・クオ氏は昨年5月、今年登場する「iPhone 15」に充電とデータ転送用のUSB-Cポートが搭載されると予測しました。これは経済紙記者のマーク・ガーマン氏も裏付けており、業界関係者の中ではすでに「iPhone 15」のUSB-C搭載はほぼ確実視されています。

さらにテックメディア「9to5Mac」は、iPhone 15とiPhone 15 ProのCADファイルを独占入手し、Lightningの代わりにUSB-Cポートを搭載していることを確認しました。これはリークされた他の「iPhone 15」の画像でも裏付けられています。


AppleがUSB-Cにも「MFi認証を導入しようとしている」との噂

クオ氏は以前、USB-Cへの変更によってiPhone 15の充電速度が速くなると報告しました。しかし、このより速い充電速度は、Appleが認証したUSB-Cケーブル(MFi認証)に限定されるとリークされています。

しかしこの「AppleがiPhone 15のUSB-Cポートを非MFiケーブル用では制限する」という噂を受け、EUは先んじて反発しています。EUのティエリー・ブルトン産業委員会委員はAppleに対し「充電器との相互作用を制限することは許されない」との警告書を出しました。

Appleは今秋にUSB-Cを搭載した「iPhone 15」をリリースすると予想されており、今のところAppleのリリース計画は予定通り進んでいると見られています。USB-Cの制限については最終的にどうなるかは不明ですが、少なくとも持ち歩くケーブルの数が減らせることは確かです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次