ロシアの爆撃機が〝ウォッカで満杯〟だった理由

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ソ連空軍が1959年に開発した「Tu-22」という超音速爆撃機には、「超音速酒運搬機」という異名が付けられています。その理由について、海外YouTubeチャンネル「Not What You Think」が解説しています。


*Category:テクノロジー Technology *Source:Not What You Think,Wikipedia

196リットルもの「ウォッカ」を積んだ爆撃機とは?


ソ連は1949年8月に初の原子爆弾実験に成功します。しかし、まだアメリカにとって脅威ではありませんでした。なぜなら、ソ連はまだ核兵器をアメリカまで運ぶ手段を持っていなかったからです。

そこでソ連は3年でTu-16爆撃機を開発します。Tu-16は航続距離が約4,800㎞もあり、アメリカの領土に核兵器を投下することができます。しかし、その頃アメリカはTu-16よりも速く飛行できる超音速戦闘機を導入していました。つまり、Tu-16ではアメリカに対抗できないということです。

そのためソ連も超音速爆撃機を開発します。そして開発されたのが「Tu-22」です。しかしTu-22の開発は容易ではなく、試作機の飛行中に機体から大きな音が鳴り、パイロットを残したまま墜落するという事故も発生しました。


またTu-22は乗員を機体の下から乗せなければならないという不便な設計にもなっていました。この設計には搭乗しづらい以外にも大きな欠点があります。それは緊急時に脱出システムを下向きに作動させなければならないことです。通常、飛行機は上向きに脱出するため低高度でも脱出可能です。しかし、下向きに脱出するTu-22は最低でも約350mの高度が必要でした。これは離着陸時に何か問題が発生した際、パイロットが射出座席を使用できないということです。


さらにTu-22の乗員構成にも問題がありました。Tu-22はパイロットが1人、ナビゲーターが1人、砲手が1人の計3人の乗員で構成されています。爆撃機としては異例の副操縦士がいないのです。パイロットが1人だったことが、Tu-22の墜落のいくつかを直接的あるいは間接的に引き起こしたのではないかと疑われています。


このようにTu-22は一般的な爆撃機とは違うところが多々あります。しかし、最も違うところは196リットルの「ウォッカ」を積んでいたことです。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次