【衝撃】BTSのV、ジョングクの『Seven』リリースを「あるもの」で応援!?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

BTSのVが、ジョングクのソロデビュー曲『Seven』リリースを、「あるもの」を使用して応援しました。その応援の仕方に、「そんな方法があるなんて」「さすがテテ(Vの愛称)と関心が集まっています。

「Disney+」でBTSコンテンツを視聴する

目次

目次

Vがトランプを使ってジョングクを応援!

ジョングクの『Seven』リリースに合わせ、VはInstagramのストーリーを更新。トランプのスペードJ・クローバーK・クローバー7を重ね、「JK7」を作って見せました。これはおそらく、「JUNGKOOK7」→「JUNGKOOK」「Seven」となり、ジョングクの応援を現したと思われます。

さすがV、応援の仕方もとってもお洒落です。このVの粋な応援の仕方に、ファンたちは「可愛い応援方法」「トランプで応援するなんてお洒落」「さすがテテ」など、多くの賞賛を贈っています。



兄弟の様に仲が良いVとジョングク

Vとジョングクは、日頃から兄弟の様に仲良し。ジョングクは過去に練習生時代の頃を語るとき、「Vと出会って性格が変わった」ことを明かしています。14歳で練習生になったジョングクですが、当初はとても内気で大人しい少年だったそう。今の明るさは、Vの影響によるものかもしれませんね。

そんな風に仲良しな2人だからこそ、ソロ活動となれば応援しないはずはありません。トランプを使ってジョングクを応援するところは、Vのユニークさが出ていると言っても良いでしょう。現在、ジョングクはInstagramをしていませんが、Vのエールはきっと届いているはずです。

RMとJ-HOPEもInstagramのストーリーで応援!

RMとJ-HOPEも、Instagramのストーリーにジョングクの『Seven』情報を掲載し、しっかりと応援しています。

ジミンは、米ABCのGMAサマーコンサートに出演するジョングクのため、アメリカに滞在中です。ソロ活動中でも、BTSの絆は健在。「その時に応援できるメンバーが、全力で応援する」という姿勢が素晴らしいですね。



『Seven』は情熱的なセレナーデ

『Seven』は、売れっ子プロデューサーのアンドリュー・ワットがプロデュースを手掛け、全編英語歌詞の楽曲です。ジョングク曰く、『Seven』は「情熱的なセレナーデ。雨の日も風の日も嵐の日も、情熱的に彼女を口説くラブソングとなっています。

彼女役は、韓国の人気俳優ハン・ソヒが務めました。ジョングクのコミカルな演技も反響を呼び、MVの再生回数はどんどん数を増やしています。

ジョングク『Seven』に対する破格の関心がすごい

ジョングクの『Seven』には公開前から熱い関心が集中。7月14日午後1時に配信されたこのシングルは、15日時点でSpotifyグローバルチャート1位にランクイン。17日時点で、MV再生回数は5900万回を越えており、早くも6000万回に迫る勢いです。

韓国での反響も大きく、最大音源サイト『MelOn』TOP100でも1位となり、106ヶ国の国と地域でiTunes「トップソング」チャート1位に輝いています。日本のオリコンでも、1位(Clean Ver.)・2位(Explicit Ver.)・4位(Instrumental)となり、人気の強さを見せました。



米ABC『GMAサマーコンサート』出演

7月14日(現地時間)、ジョングクはアメリカABC放送のGood Morning America主催『GMAサマーコンサート』へ出演。残念ながら、悪天候のためコンサートは中止となりましたが、ジョングクはステージで3曲を披露しました。

ステージでは『Seven』も披露し、大歓声を浴びたジョングク。実は出国前から体調不良があったことを明かし、アメリカに到着したころがピークだったそう。注射や点滴をしながらの出演でしたが、そんなことはみじんも感じさせないパフォーマンスでした。

全曲英語のアルバムも制作中

ジョングクは現在、全編英語のアルバムを制作しているそう。全曲が英語というあたり、本格的なアメリカ進出をするのでは? と話題になっています。アルバムの発売時期は未定ですが、報道では10~12月の発売が濃厚とのこと。

ジョングクの前に、Vがソロアルバムをリリースすると予想され、今後の情報が待ち遠しいです。また、ジョングクがソロデビューを飾ったことで、まだソロデビューをしていないのはVのみとなりました。Vのソロデビューも楽しみですね。

『Seven』のダンスにも注目してみて

MVだけでは確認できませんが、『Seven』はダンス曲です! ジョングクらしい軽快なダンスを見られる振付ですので、ぜひMVと一緒にこちらもお楽しみください!

ジョングクはBTSの楽曲でセンターを務めてきた「黄金マンネ」。ソロになっても、その存在感と輝きは健在です。「さすがBTSの末っ子」と言わしめるジョングクのダンスをぜひ!

まだまだ『Seven』のプロモーションは続く

ジョングク曰く、まだ『Seven』のプロモーション予定があるそうで、ファンは「どんな新しいジョングクが見られるのか」と楽しみにしています。

詳細は公式サイトから発表されますので、ぜひチェックをお忘れなく! 

「Disney+」でBTSコンテンツを視聴する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次