iPhoneの常識がガラッと変わる〝新ボタン〟の機能9つ

これまでのリークで判明した「iPhone 15 Pro」の新機能の1つが、ミュートスイッチに代わって搭載される謎の新ボタンです。これは「Apple Watch Ultra」のようなアクションボタンになると予想されており、今回のリークではその詳細が明らかになりました。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors ,9to5Mac

「iPhone 15 Pro」のアクションボタンに割り当てられる9つの機能


Apple専門メディア「MacRumors」がiOS 17のベータ版から発見した情報から、この新しいボタンには様々な機能を割り当てられることが判明しました。これによると、「iPhone 15 Pro」のボタンには以下の9つの割り当てオプションがあるとのこと。

  • アクセシビリティ:VoiceOver、Zoom、AssistiveTouchなどのアクセシビリティ機能にアクセス
  • ショートカット:Apple Watch Ultraと同様、メッセージの送信、プレイリストの再生、スマートホームデバイスのコントロールなどのショートカットを実行
  • サイレントモード:現行のiPhoneのスイッチと同様に、サイレントモードのオン/オフを切り替え
  • カメラ:カメラアプリの起動、写真やビデオの撮影
  • フラッシュライト:デバイス背面のフラッシュライトのオン/オフを切り替え
  • フォーカス:フォーカスモードの有効/無効の切り替え
  • 拡大鏡:拡大鏡アプリを起動
  • 翻訳する:翻訳アプリを起動し、会話やテキスト翻訳を開始
  • ボイスメモ:ボイスメモアプリでボイスメモの録音を開始/停止

テックメディア「9to5Mac」は、従来のサイレントモードはiPadのようにコントロールセンターに移動すると予想しています。また、他のコントロール・センターの機能の多くは、このアクションボタンに割り振れるようになるとのこと。


iPhoneでカメラをよく使うユーザーにとっては、カメラのショートカットはとくに便利そうです。Appleは以前、カメラアプリを起動するための専用ボタンを備えたスマートバッテリーケースを製造していましたが、MagSafeバージョンのバッテリーへの移行に伴い、このケースは廃止されました。

このケースの専用カメラボタンは、ディスプレイがオフでiPhoneがロックされていても、ワンクリックで自動的にカメラアプリを起動する仕組みになっていました。革新的な機能ではありませんが、使い勝手という面ではiPhoneを大きく変えるものとなるかもしれません。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す