【ファミマ】この粉、ヤバい! 新商品「ぶた丼のとん田監修 炙り焼豚丼」食べてみた!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

ファミリーマートにて、本日8月22日(火)より『ふた丼のとん田』監修「ぶた丼とん田監修炙り焼豚丼」が発売。さっそく食べてみたんですが、この粉、ヤバいぞ!

目次

ファミマ「ぶた丼のとん田監修 炙り焼豚丼」発売


ファミリーマートでは本日より「めちゃうま丼 どんどん登場!」とし、4週連続で様々な丼が登場します。

【1週目】
・ぶた丼のとん田監修 炙り焼豚丼
・醤の旨味きわだつ!麻婆豆腐丼
【2週目】
・特製だし香る!三元豚のロースかつ丼
【3週目】
・鶏と魚介のだしの旨味!7種野菜の中華丼

中でも注目は北海道帯広の名店「ぶた丼のとん田」が監修した「ぶた丼とん田監修炙り焼豚丼」。本日発売ということで、さっそく買ってきました!

「ぶた丼とん田監修炙り焼豚丼」とは?

北海道帯広の名店「ぶた丼のとん田」が監修し、厚めにカットした柔らかい豚バラ肉を炙り焼きにした香ばしさと脂の旨みを味わう事ができる「ぶた丼とん田監修炙り焼豚丼」。

帯広のぶた丼の特徴でもあるお肉の厚みもこだわり、味の決め手であるタレは、3種の醤油と黒糖蜜で香りとコクのある甘味を楽しめるとのこと。さらに、「ぶた丼のとん田」で薬味として出されている「にんにく一味」も同様に監修されたものが付属。にんにくの風味と一味唐辛子のピリ辛が豚丼の旨みを引き立てます。


チルド弁当とは?

今回の「めちゃうま丼 どんどん登場!」として登場する4つの丼はすべて「チルド」で販売される商品。従来の定温弁当は温めずにそのまま食べられるというメリットがありますが、消費期限が短く、使用できる食材にも制限があるんだとか。

「チルド弁当」は冷蔵の状態で販売されるので、食べる前に必ずレンジアップが必要にはなりますがその分、消費期限が長く、素材のおいしさを味わえる仕立てになっているとのこと。

本日8月22日正午に購入した「ぶた丼とん田監修炙り焼豚丼」の消費期限は「2023年8月24日 午後8時」。2日ほど日持ちするので、当日だけじゃなく明日の夜ご飯用など買い置きできるのが嬉しいですよね。


「ぶた丼とん田監修炙り焼豚丼」食べてみた!

さっそくレンジで指定時間温め、開封。

具とご飯のわかれたセパレート方式になっていました。丼にせず、このままご飯とおかずとして食べても良さそう・・・。


と、思いつつも、しっかりと具をご飯の上に盛り付け。

タレがたっぷりとご飯に染みていい香りが漂います。


ガブっと食べると、肉厚の豚肉と甘めのタレがコッテリ! ご飯が足りないくらいガッツリ系の味付け! 野菜などは一切なく、豚肉だけという振り切ったバランスも良いですよね。隅から隅までガッツリ濃い味が楽しめます。


そして!

何がすごいって!

この、粉!!!!

「にんにく一味」


この粉をかけると、今までガッツリだと思っていた味がやさしく思えるほど、ガツンとパンチある味に変化! 甘辛くて濃いタレの味に、ニンニクのガツンとした香りと、一味のほんのりした辛さが合わさって、全く別物レベルの味変が楽しめます!

びっくりするくらい変わるので、「にんにく一味」は、絶対にかけてほしい!!!


本日より発売の「ぶた丼のとん田監修 炙り焼豚丼」。来週、再来週も新しい丼がどんどん登場するので、チルド弁当コーナーを要チェックです!

【商品名】ぶた丼のとん田監修 炙り焼豚丼
【価格】630円(税込680円)
【発売地域】全国
【発売日】2023年8月22日(火)
公式サイト:ぶた丼のとん田監修 炙り焼豚丼 |商品情報|ファミリーマート

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次