【実食】牛乳不要「ネスレ ミロ ミルク in スティック」飲んでみた感想! 水だけでさっと溶ける!!

9月1日(金)より「ネスレ ミロ」に、ミルクinだから水だけでOKな新商品『ネスレ ミロ ミルク in スティック』が販売開始。1杯分ずつのスティックタイプなので、持ち運びにも便利です。さっそく飲んでみました!

「ネスレ ミロ ミルク in スティック」


9月1日(金)より「ネスレ ミロ」に、ミルクinだから水だけでOKな新商品『ネスレ ミロ ミルク in スティック』が販売開始。

ミロといえば牛乳に溶かして飲むことがオススメとされてきましたが、今回の新商品は牛乳がなくても、おいしく、栄養素もたっぷり摂れる「ネスレ ミロ ミルク in スティック」。1杯ずつの個包装になっているので、持ち運びにも便利なんです。

購入はこちら:Amazon.co.jp: ネスレ ミロ

「ネスレ ミロ」とは?

ミロは、1934年オーストラリアで誕生し、1973年に日本で製造、販売を開始。鉄、カルシウム、ビタミンDが豊富に含まれることから『強い子の“ミロ”』をキャッチフレーズに成長期の子供たち (7-12歳) の栄養補給を主目的として発売された栄養機能食品です。

最近では、特に不足しがちな「鉄」の摂取ができることが注目され、大人に飲用も増加しています。

粉末を牛乳に溶かして飲む「ミロ」ですが、オフィスや外出先で牛乳が用意できないときでも、おいしく飲めるように、牛乳不要、水かお湯を注ぐだけで楽しめる「ネスレ ミロ ミルク in スティック」が新発売となりました。


「ネスレ ミロ ミルク in スティック」の栄養素について

今回新発売となる「ネスレ ミロ ミルク in スティック」も豊富な栄養が含まれています。

通常のミロを牛乳で割った場合と、「ネスレ ミロ ミルク in スティック」を水で割った場合の栄養素比較は以下の通り。

▼左、従来の「ミロ」。右、「ネスレ ミロ ミルク in スティック」。


カルシウムなど牛乳がメインとなる栄養素も「ネスレ ミロ ミルク in スティック」にはしっかりと含まれています。対して脂質が控えめなのも嬉しいポイントですね。

「ネスレ ミロ ミルク in スティック」作って飲んでみた!

さっそく「ネスレ ミロ ミルク in スティック」を作ってみます。


と、いっても作り方はとってもカンタン。

袋を開けてカップに粉末を全て入れます。


あとは、規定量の冷たい水を注ぐだけ。


軽く(右20回、左20回ほど)かき混ぜるとあっという間に完成。


冷たい水でもサッと溶けてくれるのが嬉しいですね。これなら、外出先、職場やアウトドアでも活躍してくれそうです。

「ネスレ ミロ ミルク in スティック」味の違いは?

今回は特別に、通常の「ミロ」と「ミロ オトナの甘さ」も用意いただき、飲み比べを行いました。


通常の「ミロ」は、牛乳で割っているのでこっくりとしたミルクの舌触りと甘さが特徴。オトナの甘さは、ココアが強めで甘さが控えめですが、牛乳を使用しているのでしっかりしたコクがあります。

「ネスレ ミロ ミルク in スティック」は水で割っているのに、ミルク感がたっぷりあって驚き。クリーミーな味わいと、ミロらしいココアの香りはしっかり感じられます。後味がスッキリしているので、サラッと飲めるのも特徴ですね。


牛乳要らずなので、どこでもミロが楽しめる「ネスレ ミロ ミルク in スティック」。不足しがちな栄養素がたっぷり含まれているので、今まで飲んでた人も、少し離れてた人も、この機会にぜひチェックを!

■製品名:ネスレ ミロ ミルク in スティック 4本入り
■希望小売価格(税込):300円
■発売日:2023年9月1日(金)
■販売チャネル:全国の主要スーパーマーケット等 (※1)、 通販サイト
(※1) 一部取扱のない店舗もあります。

公式サイト:ネスレ ミロ | ネスレ日本 製品情報サイト
購入はこちら:Amazon.co.jp: ネスレ ミロ

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す