ChatGPTに「ネット検索」機能追加、使い方と〝意外な弱点〟

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

OpenAIが、「ChatGPT」にインターネット閲覧機能を追加しました。この機能では、会話の間で「ChatGPT」がインターネット上の最新情報を入手できるようになっています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:@OpenAI ,Android Authority

「ChatGPT」にインターネット閲覧機能が追加される


マイクロソフトのBingの会話AIやGoogleの「Bard」にはインターネット閲覧機能が搭載されていますが、「ChatGPT」は2021年9月時点までの学習データのみとなっていました。

今回OpenAIは、Bingを利用したインターネット閲覧機能をChatGPTに統合しています。ただし、この機能は現在、有料ユーザーのChatGPT PlusとEnterpriseユーザーのみで利用可能となっています。

この機能は、設定から「プラス機能&ベータ」>「ベータ機能」>「Bingで閲覧」のトグルをオンにし、チャットの「GPT-4」から「Browse with Bing」を選ぶことで有効にできます。

「iPhoneの最新モデルの特徴」をたずねると、最新モデルの「iPhone 15」についての回答が返ってきました。 インターネットの情報を使用している場合「ChatGPT」はユーザーに通知し、回答と一緒に引用リンクを提供します。


ただし、X(旧Twitter)にはアクセスできないようです。イーロン・マスクの最新投稿をたずねたところ、ChatGPTは「Twitterのページはアクセス制限されている」と回答しています。


OpenAIによると、このインターネット閲覧機能は近日中に全ユーザーに拡大される予定とのこと。さらに同社は、この機能に対して、ウェブサイトがChatGPTとどのようにやり取りするかをコントロールできるようになるとも述べています。

なお同社は以前にも「ChatGPT Plus」のユーザーに対してインターネット閲覧機能を解放していましたが、一部のユーザーがこの機能を悪用し、有料サイトの情報を入手していました。そのため「ChatGPT」のインターネット閲覧機能は7月に取り消されましたが、今回のアップデートではこの問題も修正できたようです。

なおOpenAIは最近のアップデートで「ChatGPT」に音声での会話機能を追加しており、こちらも有料ユーザーに対して順次解放されていく予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

編集部おすすめの人気無料ゲーム!

ゼンレスゾーンゼロ

ゼンレスゾーンゼロ
『原神』のHoYoverseの最新3Dアクションゲーム! 3人でチームを組み、爽快なバトルを楽しもう!

新着記事

目次